富山県魚津市にある金太郎温泉とその周辺のおすすめ観光地についてご紹介します。

スポンサードリンク

金太郎温泉は宿泊以外に日帰り入浴もできる

金太郎温泉は田んぼの中の高台に建つ一軒宿です。食塩泉と硫黄泉が混合している国内でも珍しい泉質で、白濁したお湯です。宿泊者専用の壁画大浴殿のほか、日帰り入浴で利用できるカルナの館があります。

カルナの館は内風呂にも露天風呂にも巨大な岩が配置されていて、あまりの大きさと数の多さにびっくりするかもしれません。硫黄臭もするので好きな人にはいいでしょうね。お風呂の種類も豊富で、打たせ湯や寝湯、歩行湯、ジェットバスなどあるのでいろいろ楽しめます。

宿泊者と日帰り客の脱衣所は別ですが、カルナの館は地元の人も多く利用しているので、日によって夕方くらいまで混むことがあります。館内2階には日帰り客も利用できるテレビ付きのリラックスルームがあります。夏は冷房が効きすぎているくらいですが、ひざ掛け用のタオルも用意されています。

日帰り入浴は1日コースが大人1640円、小人820円で、3時間コースが大人1030円、小人515円で、ETCカードを提示すると1日コースが1030円に割引になります(カード一枚で4人まで適用されます)。普通のスーパー銭湯より少し高めですが、天然温泉かけ流しなので仕方がないでしょうか。金太郎温泉にはプールもあるので、夏はこどもさんも楽しめます。

スポンサードリンク

金太郎温泉周辺のおすすめ観光

近くには宇奈月温泉から出ているトロッコ電車がありますが、県外の人にもよく知られていると思うので、ここでは県外の人にあまり馴染みのないようなおすすめ観光地を紹介します。

ミラージュランド
魚津市の海沿いにある遊園地で入園は無料、乗り物は100円単位のチケットを買って1枚から数枚払うようになっています。ジェットコースターのような絶叫系の乗り物はなく、小学生くらいまでのこども向きです。大人も楽しめるのは日本海側最大級の大観覧車と、巨大迷路です。大観覧車からは日本海と立山連峰を望め、晴れていると気持ちがいいです。バーベキューもでき、夏にはプールも使用できます。

魚津水族館


ミラージュランドのすぐ隣にある、日本最古の水族館です。施設は古く、イルカのショーなどの目玉があるわけでもないので、大人には少し物足りないかもしれません。変ったところでは、魚の輪くぐりや、3月から5月までの日曜・祝日限定のホタルイカ発光実験があります。2時間もあれば回れるので小さなこどもさん連れにはいいかと思います。

魚津埋没林博物館 
魚津水族館から車で5分ほどの距離にあります。今から約2,000年前に埋没した樹齢約500年の杉の樹根をその場で保存、展示されています。圧巻は埋没林の水中展示です。地下からも見られるようになっています。人によっては怖く感じるようです。蜃気楼の映像も見ることができます。水族館とのお得な共通券もあります。

海の駅蜃気楼 


埋没林博物館のすぐ横にあります。新鮮な海の幸が味わえるレストランや、土、日のみの浜焼きコーナーがあり、魚介を自分で焼いて食べることができます。フィッシュシュ1グランプリで準優勝に輝いたバイ飯もあります。蜃気楼は3月下旬から6月初旬にかけて魚津市の海岸で天気の良い日に見られます。海沿いの堤防のところには蜃気楼を見るためカメラを構えた人も多く来ています。私もゴールデンウィークに行きましたが、天気が良かったけれど見えませんでした。

ほたるいかミュージアム 
ミラージュランドから5キロほど南のところ、滑川市(なめりかわし)にあります。ほたるいかについていろいろ学ぶことができるほか、3月から5月下旬までの期間限定でほたるいかの発光ショーが見られます。家族連れが多く、こどもさんは特に楽しめると思います。隣の道の駅ではほたるいかのお土産も買えます。

まとめ

金太郎温泉周辺の観光地はこどもと一緒に楽しめるところが多いです。大人も楽しめるのはほたるいかミュージアムだと思います。ただ、ここは発光ショーが目玉なので、ほたるいかのとれる時期でないとあまり楽しめないかもしれません。

スポンサードリンク
おすすめの記事