女優で歌手の小川範子さんが歌手デビュー30周年を記念し、
ベストアルバムを発売することになりました。

子役から活動していた小川さんですが、
最近はテレビで見ることもなくなっていました。

44歳になった今、小川さんはどうしていたのでしょう。
デビュー当時から最近までの活動を振り返ってみます。

スポンサードリンク

小川範子・子役から活動

1973年7月20日、東京都生まれ。

本名の谷本重美で6歳の時から、
子役として活動していましたが、
1987年に小川範子と改名しました。

ドラマや舞台で活躍し、中学2年の時に
「涙をたばねて」で歌手デビューをします。

それから5作連続でオリコンチャートトップ10入りし、
歌手としても成功します。

小川さんが女優として一番長く出演していたのが、
はぐれ刑事純情派」です。

1988年から2005年までレギュラーとして
出続けました。

小川さんと言えば「はぐれ刑事純情派」を
思い出す人も多いのではないでしょうか。

17年間続きましたからね。
藤田まことさんの娘役として、
印象が強く残っています。

歌手・女優をしながら大学卒業

小川範子さんは19歳の時、
自己推薦入試で早稲田大学社会科学部に入学しました。

初めて歌ったのが早稲田祭で、
非常に活気がある大学だと思い、
気に入ったようです。

仕事をしながら大学に通うのは大変だったと思いますが、
4年で無事卒業します。

勉強もしっかりしていたようですね。

年上の演出家と結婚

小川さんは2005年、TBSの社員・吉田秋生さんと結婚しました。

吉田さんは1951年生まれなので、
小川さんの22歳年上ですね。

年上が好みだったのでしょうか。

2000年に早稲田大学で講演をした時、
理想の男性として、筑紫哲也さんの名前をあげていました。

そして、こどもの頃から年上に囲まれていたので、
年上の男性と一緒にいると落ち着くそうです。

吉田さんは小川さんが出演したドラマ
「スタンドバイミー ~気まぐれ白書~」で
演出を担当していて、そこから交流が生まれ、
仲がよくなったようです。

小川さんはこのドラマの時14歳。
結婚したのが32歳になる年。

知り合いの期間が長かったんですね。

吉田さんは再婚で、こどもが二人います。
小川さんとの間にはこどもの情報がないので、
いないのではないでしょうか。

吉田さんがこどもを引き取っているのか、
それもわかりませんでした。

スポンサードリンク

小川範子の現在

小川さんは結婚後はほとんど芸能活動をしていません。
2009年に放送された「はぐれ刑事純情派」
のスペシャル版を最後に、テレビや舞台から
姿を消しました。

ずっと専業主婦として家にいたのでしょうか。
夫の意向もあったのかもしれませんね。

そして、歌手デビュー30周年を記念して
録音し直したベストアルバム
30th Anniversary Best」を12月に発売します。

女優業にはまだ興味があるようなので、
活動を再開する可能性もあるのでしょう。

まとめ

久しぶりに小川範子さんの名前を聞いても、
すぐには顔が浮かびませんでした。

テレビで見なくなってもう20年近いですからね。
童顔だった印象の小川さんは、現在も
あまり顔が変わっていないようです。

スポンサードリンク
おすすめの記事