北海道に行った翌年は沖縄に行くことにした。一度は行ってみたかった沖縄。私は海が好きなので沖縄のきれいな海が見たかったのだ。

スポンサードリンク

ついに来た沖縄

小松からの直行便で行くと沖縄に着いたのは夕方前。飛行機から降りる時ついに沖縄に来た、幸せと思った。

レンタカーを借りて国際通りにあるホテルへ直行。夕食はないので外に食べに行った。15分くらい歩いて牧志公設市場の2階の食堂へ。ゴーヤーチャンプルーに、沖縄そば、グルクンの唐揚げ、あげ餅のようなものを注文した。

グルクンの唐揚げは頭がおいしいということはこの時知らなかったので、頭は食べなかった。骨がちょっとのどに引っかかったような気がして、しばらく違和感が消えなかったが、初めての沖縄料理を楽しんだ。

店を出て、ブルーシールアイスクリーム屋で紅芋アイスを食べた。おいしかった。

ホテルに戻り、次の朝の朝食はバイキング。沖縄料理の種類が多く、いろいろ楽しめた。

沖縄の海きれい

ホテルを出て、首里城に向かった。8時過ぎに着いてるのにすぐ近くの駐車場は満杯で別の駐車場へ。

正殿に着くとまだ開門前でどらの合図で始まる御開門の儀式を見ることができた。

一通り見て回り、車に乗ってすぐ茶色いコンビニを発見。歴史的建物と雰囲気を合わせているのかなと感じた。

次に向かったのが沖縄ワールド。入ってまず鍾乳洞を見学。同じような鍾乳洞が続き、途中飽きてきて早足で外に出ると、エイサーを踊っている音が聞こえてきた。あわててそちらに行くともう残り10分ほどしかなかったが、威勢の良い踊りが見学出来てよかった。出来れば最初から見たかったな。

男の人がハブを操っているところとか、お客さんの首にハブをまいているところとか土産物を見て沖縄ワールドを出た。

その後、斉場御嶽近くのニライカナイ橋へ。ここから見る沖縄の海はきれいだった。

そして世界遺産の斉場御嶽へ。写真で見ていた、岩で三角の穴ができているところで写真を撮った。パワースポットで有名らしいが私は何も感じず。感じ方は人によって違うのだろう。

それから高速に乗り、名護市にあるブセナ海中公園へ。やっぱり海はきれいだった。ここでグラス底ボートに乗り、魚が泳いでいるさまを眺めた後、海中展望塔へ行きカクレクマノミなど見た。

それから万座毛へ。日は落ちかかっていたが逆光で海の表面が反射し、海の色がよくわからなかった。

その日は万座毛近くの海沿いのホテルに宿泊。夕食は沖縄舞踊を見ながら楽しんだ。

有名な美ら海水族館へ

次の日はナゴパイナップルパークへ行った。乗り物に乗って園内を進んだが、季節ではないからかパイナップルがなっているところは見られず。

降りた後はお土産屋さんへ。パイナップルを試食し、お土産を一つ買って外へ出た。

そのあと古宇利大橋へ。橋の両側に青い海が広がり、こんなにきれいな海があるんだと感動した。海の上を走っているような感覚だった。

古宇利子島のオーシャンタワーに上り展望台から海を眺め、島を一周してまた古宇利島大橋を渡って、今度は今帰仁城跡へ。

万里の長城に似ているのかな。古宇利大橋も見えた。入口のところにあるサトウキビジュースを買って飲んだ。

そして美ら海水族館へ。平日なのに観光客が多く、特に中国人かと思われる団体が目立った。

写真でよく見ていた巨大な水槽をジンベイザメが泳ぐ姿を見ながらお昼を食べ、マンタや変わった生き物を見て外に出て、イルカのショーを見に行った。テントの中に観覧席があり、前のほうに座っていると太陽が当たって暑かった。

ショーが終わって、宿泊予定の近くのホテルへ行った。ホテルの部屋からはエメラルドグリーンの海が見えてきれいだった。

次の日は帰りの飛行機がお昼頃だったのでホテルを出てまっすぐ車を返しに行った。

高速を走っているとやたら軽自動車が多いなと思った。たまに普通車を見たと思ったらレンタカー。後日テレビ番組で、沖縄は軽自動車の所有率が高いことを知り納得したのである。

3泊4日の沖縄旅。4日間とも晴れていてよかった。

スポンサードリンク
私の家族旅行記の関連記事
  • 白馬むぎわらぼうしの口コミは?部屋や食事を紹介
  • 黒部ダム観光放水を見た感想。扇沢から大観峰まで行った
  • ビーナスラインのニッコウキスゲは最盛期!行ってきた感想
  • 川治温泉旅行・栃木編
  • 都をどり、竹の郷温泉・京都編
  • 河口湖温泉旅行・山梨編
おすすめの記事
観光情報
今年も倶利伽羅峠で八重桜まつりが開催されます。 そこでこのおまつりやそれにまつわる情報をまとめました。 スポンサードリンク 関連...