相倉合掌造り集落の2017年のライトアップの日程が決まりました。ここでは観光の見どころや宿泊情報、行き方をご紹介します。

スポンサードリンク

相倉合掌造りの2017年 ライトアップ日程と見どころ

富山県南砺市の五箇山には相倉と菅沼という2つの合掌造り集落があります。
相倉合掌造りのライトアップは2017年は、5月11日(木)~14日(日)、7月27日(木)~30日(日)、9月14日(木)~18日(月)、11月16日(木)~19(日)となっています。奇数月の4、5日だけなので、ライトアップが見たく、宿泊予定の方は早めに宿の宿泊予約をすることをお勧めします。時間は日没~21時まで、観覧は無料です。駐車場料金は500円です。

5月は水田逆さ合掌ライトアップで、水が張られた田んぼに合掌造りが映るこの時期のみの景色が見られます。7月は夜涼みライトアップで、涼しい夜風に当たりながらカエルと虫の鳴き声とともに楽しめます。9月は稲穂ハサ掛けライトアップで、刈り取られた稲が束ねられて干されているものと一緒に楽しめます。11月は冬支度ライトアップで、雪を頂いた人形山を見ながら晩秋の合掌造り集落の夕方から夜への劇的な変化が楽しめます。

金・土・日曜日は19時30分より民謡ライブが行われます。また11月のライトアップ期間中は9時から16時までの間で冬支度雪囲い作業が体験(500円)できます。菅沼合掌造り集落のライトアップは3月で終了です。期間限定で行われるライトアップは日中見るのとは一味違った趣があります。

相倉には合掌造りの家屋が20棟あります。畑と田んぼの中に点在する合掌造りの家屋は、古き良き日本の姿を残しています。坂道を5分ほど登った高台に集落を見渡せる展望地があります。下から見るのとは違った感動が味わえるので、ぜひ見ておきたいところです。

集落の道路は舗装されているので、歩きやすくなっています。普通に人が暮らしている民家もあるので、勝手に扉を開けて入ったりしないように注意しましょう。

同じ世界遺産の白川郷は規模が大きく、団体の観光客が多く来ています。すっかり観光地化されている印象ですが、五箇山は小規模なだけに団体客も少なく、人によっては、合掌造りが少ないことに物足りなさを感じるかもしれません。しかし、それだけに静かにゆっくり見学できます。

集落には食事ができて土産物も販売されているお店があります。普通の豆腐の4倍の大豆を使用した五箇山豆腐もあり、縄で縛っても崩れない硬さが特徴です。

相倉合掌造り集落へはJR「新高岡駅」から世界遺産バスで1時間3分、五箇山相倉口で降り徒歩5分、または城端線「城端駅」から世界遺産バスで約23分、相倉口で降り徒歩5分です。
車では東海北陸自動車道五箇山ICを降り、国道156号線を経由して国道304号線を走り約20分です。

五箇山の宿泊施設でお勧めは?

合掌造りに泊まれる民宿もあります。相倉合掌集落では7件宿泊できます。囲炉裏端で山菜や岩魚などの食事が楽しめます。ただ、部屋数が少なく、一日一組限定とか、二組限定とかもあるので、繁忙期には特に早めに予約しましょう。

菅沼合掌造り集落のすぐ近くには「五箇山合掌の里」があり、合掌造りの宿泊施設のほか、キャンプ場・フィールドアスレチック・運動広場などがあります。バーベキューや、岩魚つかみ体験、わらじ造り体験などいろんな体験ができるようになっています。個人は食材、調味料持ち込みで自由に調理場を使えます。

五箇山温泉 国民宿舎五箇山荘は相倉・菅沼合掌集落へも近く、お風呂も広めで、五箇山では唯一の和洋室・車椅子対応の洋室があります。

まとめ

五箇山のライトアップは一年の内、見られる期間が限られているので、宿泊もこみなら早めに予約されることをお勧めします。夜見る合掌造りは、幻想的で一見の価値ありです。合掌造りの民宿に泊まればさらに思い出深いものになるでしょう。

スポンサードリンク
おすすめの記事