盲目の漫談家・濱田祐太郎さんがR-1で優勝してから、
テレビにも次々に出演しています。

舞台でのネタも面白いですが、
平場での芸人さんとのやり取りも面白いと
話題になっているようです。

濱田さんを見ていると、フリートークのうまさから、
頭の回転の速さを感じます。

濱田さんはどのようにして話術を磨いたのでしょうか。

スポンサードリンク

濱田祐太郎のネタが面白く、話術がすばらしい

濱田さんは神戸市出身で関西の人。

関西は日常会話にもボケとツッコミがあり、
他の地域の人よりはお笑いに対して、
貪欲なのだと思います。

テレビをつけると吉本新喜劇などをやっているので、
子どもの頃からお笑いに慣れ親しんでいますしね。

しかし濱田さんは小学6年の時にテレビで、
ビッキーズとハリガネロックのしゃべくり漫才を聞いて
お笑いに目覚めたそうです。

それまではお笑いに興味がなく、
明石家さんまさんやダウンタウンさんも
知らなかったというのだから、意外ですね。

それ以来、テレビでお笑い番組をやっていると、
ずっと聞いていたそうです。

芸人さんのしゃべりを聞いて、
話術を磨いたのでしょう。

しゃべりは訓練していないそうなので、
天性のものもあるのかもしれませんが、
社交性がなく、最初からピン芸人で漫談をやってきたので、
しゃべりも自然とうまくなったのでしょう。

そうして人前でネタを披露することはなく、
吉本の養成所に入る前に出演したR-1ぐらんぷりで、
いきなり準決勝に進出しました。

まだ本当のド素人のころですよ。
すでにしゃべりがうまかったのですね。

スポンサードリンク

フリートークもうまい

R-1で優勝した翌日、
濱田さんは「ノンストップ!」に出演し、
陣内智則さんに
色とりどりの野菜を食べに行こう」と
ボケで言われました。

そこで「見えへんがな」とは言わず、
先輩にふってもらったのが嬉しかった濱田さんは、
ただ笑っていたということを「ネタパレ」で
明かしていました。

「ノンストップ!」の時はまだ
ボケにツッコむ余裕はなかったのかもしれません。

しかし同じ「ネタパレ」で、NEWSの増田さんを前に
ジャニーズは男前ばかりと聞いているけれど、
僕は信じていません」と言い切って、
みんなの笑いを取っていました。

私は「よくわかっているな、正解!」と思いました。

「ワイドナショー」でも松本さんらとのフリートークで
笑いを取り、しゃべりのうまさを感じさせました。

濱田さん自身「さんまのまんま」や「サンデージャポン」
などのトーグ番組に呼ばれたら嬉しいということなので、
しゃべりを武器にしている感じが伝わってきます。

まだ芸歴5年目ということですが、
漫談で培ったしゃべりがフリートークにも生きているのでしょう。

まとめ

R-1ぐらんぷりでは緊張もあってか、
濱田さんはカミカミでしたが、
その後「ネタパレ」などで披露したネタは
さらに面白く、よくなっていました。

時事ネタも取り入れていたので、
ニュースもよく聞いていると思わせます。

同じネタばかりだと飽きられますからね。

お笑い芸人は売れてもすぐに消える人が多いですが、
しゃべり一本で勝負している濱田さんは、
長く活躍しそうです。

スポンサードリンク
おすすめの記事