BNPパリバ・オープン男子シングルで、
世界ランク106位のダニエル太郎さんが、
元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手に勝利しました。

ダニエルさん自身、勝利が信じられない様子でしたが、
それもそのはず、トップ20相手に勝利したのが
今回が初めてだったからです。

ダニエルさんは錦織圭選手に次ぐ選手として、
今後の活躍が期待されます。

ダニエルさんのプロフィールや、
テニスウェアとシューズのブランドについてまとめました。

スポンサードリンク

ダニエル太郎のプロフィール

国籍:日本
出身地:アメリカ・ニューヨーク
生年月日:1993年1月27日
所属:エイブル
居住地:スペイン・バレンシア
身長:190cm
体重:76kg
プロ転向年:2010年
ローラルスプリングスクール高卒

父はアメリカ人、母は日本人。

7歳の時から埼玉県でテニスを始め、
14歳の時に家族でスペインに引っ越しました。

日本語、英語、スペイン語、ロシア語の4カ国を
話せます。

可菜という名前の妹がいます。

両親と一緒ですね。

ダニエル太郎の現在のテニスウェア

2018年1月からはオークリーのウェアを着用しています。

オークリーと契約しているスポーツ選手は多く、
野球のイチロー選手や大谷翔平選手、
スピードスケートの小平奈緒選手などがいます。

ピョンチャンオリンピックで、小平選手が着けていた、
黄色とオレンジの特徴的なメガネがそうです。

オークリーのテニスウェアは男物で4,536円(税込み)なので、
手頃なお値段ですね。

オークリーのテニスウェアの購入はこちら

過去のテニスウェア

ダニエルさんは2017年までは
roche(ローチェ)のテニスウェアを着ていました。

ローチェはテニス用品や釣り糸を製造・販売している会社、
TOALSON(トアルソン)のブランドです。

2015年1月からローチェウェアの使用契約を結んでいました。
3年で契約が切れたのか、
オークリーのほうが気に入ったのかはわかりません。

男物で4,000円台から6,000円台くらいで、
オークリーと同じくらいです。

ダニエルさんはドクロマークのテニスウェアを着ていた時もあります。

これは「ハイドロゲン」というイタリアブランドです。
2003年に設立されたブランドなので、
まだ新しいですね。

男物で23,760円(税込み)と、
オークリーと比べるとずいぶん高いなという印象を受けます。

スポーツ選手に人気のあるブランドで、
錦織圭選手も着用していました。

スポンサードリンク

シューズのブランドはディアドラ・ジャパン

ダニエルさんは2015年1月、
ディアドラ・ジャパンとフットウェア契約を結んでいます。

ディアドラはイタリアのブランドで、
プロ使用モデルで17,280円

引用 http://diadorajapan.com/fs/diadora/sports_tennis/172990
いい値段です。

まとめ

ダニエル太郎さんは錦織圭選手の後継者として
活躍が期待されています。

長身でイケメンなので、
女性からの人気が高いでしょう。

太郎会なんてものもあります。

ツイッターで「#太郎会」と打つと、
ファンの人がいろいろつぶやいています。

スポンサードリンク
おすすめの記事