盲目の濱田祐太郎さんが自虐ネタで、
「R-1ぐらんぷり2018」で優勝しました。

最終決勝では21票のうち12票を獲得し、
圧勝でしたね。

しかし、盲目の芸人が優勝したことで、
同情票が多かったのではないかという疑いも持たれているようです。

濱田さんのネタは笑えないのでしょうか。
優勝は本当に同情で獲得したのでしょうか。

ネット上の声を拾ってみました。

スポンサードリンク

濱田祐太郎のR-1優勝は同情で?

「R-1ぐらんぷり」史上、
盲目の芸人が出演したのが初めてなら、
優勝ももちろん初めてです。

決勝では同じブロックのマツモトクラブさんと
8票ずつの同票になりましたが、
お茶の間投票で最高の3票獲得し、最終決勝へと進みました。

最終決勝では全21ポイント中12ポイントを獲得。
そのうちお茶の間投票がまたしても3票と最多でした。

審査員だけの評価でなく、
テレビを見ている視聴者も審査に参加できるのは
公平さの意味でもよかったと思います。

しかし、ある程度濱田さんへの同情票があったのでは、
と思います。

若い人はネタの面白さで評価する人が多いと思いますが、
年配の人はどうしても同情の感情が交じるのではと。

他に面白いと思った人がいなかったら、
濱田さんに投票しておこうという気になるのではないかと思います。

ネット上の声を見てみると
同情かどうか意見が別れます。


見る人によって捉え方が違いますね。

スポンサードリンク

自虐ネタは笑えない?

濱田さんが「R-1」の1回目のネタで舞台に登場した時、
拍手がありませんでした。

濱田さんが「拍手なしですか」と
言ったらようやく拍手が起こりました。

白杖をついて人に誘導されて来た濱田さんを見て、
観客もどう反応していいのか
とまどったのでしょう。

しかしその後のネタで笑いが起きていました。

観客は若い人が多いので、
ウケがよかったのでしょうか。

でも私のように濱田さんは面白いと思う人もいれば
自虐ネタが素直に笑えないという人もいます。

もちろん違う意見も。

 

笑えないという人は目が見えない障がいを持つ人を
笑ってはいけないという感情があるからでしょうか。

濱田さんはお笑いが好きで、
人を笑わせたくて芸人になったのです。

目が見えないことをネタにするのは、
「障がい」だけれど「障がい」と深刻に考えていなくて、
それが濱田さんの一部だから、
お客さんにも深刻に受け止めてほしくはないのでしょう。

笑ってほしくて、ネタにしているのだから、
何の偏見もなく素直に笑えば、濱田さんは嬉しいと思います。

ハゲネタで笑いを取る芸人を見るのと同じような感覚で、
笑えばいいのではと思います。

まとめ

濱田祐太郎さんはこれからどんどんテレビに出演し、
単独ライブなどもいずれ開催するでしょう。

しゃべりは面白いし、
妻夫木聡に似ているイケメンと言われています。

女性ファンがいっぱい増えそうですね。

自虐ネタもいいですが、
それ以外のネタも見てみたいです。

それで面白ければ(きっと面白いけど)、
同情なんて声は全く聞こえてこなくなると思います。

スポンサードリンク
おすすめの記事