「仮面ライダー響鬼」などに出演した俳優・栩原楽人さんが、
芸能界を引退することを発表しました。

理由は父の会社を継承していくためとしていますが、
栩原さんはまだ28歳という若さです。

芸能界に未練はないのでしょうか。

引退は本当に父の会社を継ぐためだけなのでしょうか。

スポンサードリンク

栩原楽人の父の会社

栩原さんの父は会社を経営しているということなので、
社長なのでしょう。

栩原楽人という名前は本名か芸名かはわかりませんが、
栩原という姓は珍しく、読みにくい漢字なので、
本名の可能性が高いですね。

わざわざ読みにくい芸名をつけるとは思えませんし、
こういう漢字がそもそもあったのかという感じです。

栩原さんは2000年から放送されたドラマ「ママまっしぐら!」に
小学5年生の時に子役として出演しています。

子役でデビューしていて芸名もないと思います。

栩原という姓でネット上に載っている会社員は、
栩原尚志という人くらいです。

栩原尚志さんは2018年2月の人事異動で
テイエステックトリムフィリピンズ社長(管理本部総務)
となっています。

これはフィリピンにある会社で、
テイエステック株式会社の子会社になります。

四輪車用シート、ドアトリム、トリムカバーを
製造しているようです。

子会社を継承するというのも変なので、
尚志さんが父ではないかもしれません。

ただ、栩原尚志さんの人事異動の時期と
楽人さんの引退の時期が同じ頃というのが気になります。

スポンサードリンク

引退の真相は?

まだ20代後半で芸能界を引退するのは、
結婚した女性タレントや歌手などには多いですが、
男性の俳優ではあまり聞きませんね。

何か事件を起こしたわけでもありませんし。

最近ではミュージカル「刀剣乱舞」に
沖田総司役で出演したり、
錆色のアーマ」に明智光秀役で出演していました。

つい最近では昨年12月に
真剣乱舞祭2017」にも出演しています。

仕事がなくなったから芸能界を辞めるわけでは
ないようです。

楽人さんには弟がいるので、
父の会社を継ぐとしたら、
長男である楽人さんとなるでしょう。

父から会社に誘われたのかもしれませんし、
子役から頑張ってきて芸能生活に疲れ、
ほかの仕事にも携わってみたくなったのかもしれませんね。

それにしても突然の引退表明なので、
公表できない理由もあるのでしょうか。

まとめ

栩原楽人さんが子役でデビューしてから18年。

まだ幼かったころの楽人さんを覚えている人も多いでしょう。

ドラマや舞台、映画などを経験してきましたが、
芸能界以外も見てみたくなったのかもしれませんね。

スポンサードリンク
おすすめの記事