さいたま市の吉田一郎市議が、
市議会の文教委員会で問題発言をしました。

マイクが入っていなかったため、
うっかり暴言を吐いたようですが、
翌日発言を取り消し、謝罪しました。

市民から選ばれた人間として
自覚が足りないようですね。

吉田市議はどんな人なのでしょう。
家族や経歴について調べました。

スポンサードリンク

吉田一郎市議の経歴

生年月日:1963年11月3日
出生地:東京都北区 大宮市育ち
出身校:埼玉県立上尾高等学校卒業
法政大学社会学部応用経済学科卒業
早稲田大学大学院卒業

香港に興味を持ち、
法政大学在学中に香港中文大学に2年間留学します。

大学卒業後、再び香港に行き、
香港の日本語新聞である週刊「香港ポスト」の記者になりました。

よほど香港が気に入ったようですね。

さらには月刊誌、日刊紙の編集長にも就任し、
フリージャーナリストとしての活動も行います。

香港ポストを退職後に早稲田大学大学院に合格し、
日本に帰国。

3箇所も大学に行くなんて勉強家なんですね。

2001年にさいたま市長で落選。
2007年にさいたま市議会議員選挙に初当選し、
2015年までに4回当選しました。

世界飛び地大全」を始めとして著書は多数あります。

家族や画像は

吉田一郎議員の動画がありました。

よどみなく、べらべら喋る人だなという印象です。
堅いところがない、ざっくばらんな感じです。

動画では結婚指輪は見えませんが、
子どもは高校生の娘がいますね。

ほかにも子どもがいるのかはわかりませんでした。

奥さんの情報もありません。

しょっちゅう自分で料理を作ってるらしく、
ツイッターには料理の写真がたくさん載っています。

電子レンジでシュークリームを作った写真まで
載っているので、一人暮らしなのかと
思ってしまいますが、ただの料理好きでしょうかね。

スポンサードリンク

吉田市議の評判は?

暴言を吐くような吉田市議の評判はいいのでしょうか。

フリーアナウンサーの石川康仁さんによれば
吉田市議は「政務活動費を1円も貰わずに活動して
議会での質問や意見の提案は常に断トツ1位で活動」とあります。
引用 石川康仁公式サイト

政務活動費をもらっていないというのは、
好感が持てます。
国民の税金を無駄使いしていないということですからね。

市議としても積極的に発言をしているようです。

しかし一方、大宮優遇、反浦和の主張をしているので、
大宮の住民には支持を得ていますが、
浦和の住民にはよく思われていないようなところがあります。

極端なんですかね。

大宮の議員として大宮第一主義となるのは
わかりますが、利己主義者ともとれます。

まとめ

いくらかっとなったからといって、
言っていいことと悪いことはありますね。

吉田市議は反省しているようですが、
発言には気をつけるべきです。

スポンサードリンク
おすすめの記事