平昌オリンピックに出場しているLS北見のカーリング選手たちが
ハーフタイムで食べるおやつが話題となっています。

外国人選手が立って食べている中、
北見の選手は座ってバナナなどを食べていますね。

その様子にほっこりするとか、
一緒に輪に加わりたいと思う人もいるほどです。

そのおやつタイム(もぐもぐタイム)の動画を
まとめました。

スポンサードリンク

日本女子カーリングのおやつタイム動画

OAR戦

OARは果物やドライフルーツのようなもの、
日本はバナナや焼き菓子を食べています。

吉田夕梨花さんが食べている焼き菓子が
赤いサイロというチーズケーキです。

赤いサイロは北海道北見市に本店がある、
「清月」が販売するチーズケーキで、
同じ北見市を拠点とするLS北見の選手たちには
馴染みが深いものなのかもしれませんね。

テレビにも取り上げられ、
売上が普段の倍以上となっているそうです。

さすがテレビの影響は大きいですね。

値段は高めだけれどおいしいらしく、
私も食べてみたくなります。

清月 赤いサイロ 5個入

価格:840円
(2018/2/21 10:20時点)
感想(1件)

韓国戦

韓国はバナナで、日本はイチゴを食べています。
カロリーメイトも見えますね。

カナダ戦

日本はバナナ、イチゴを食べています。

いつものおやつタイムと違い、
リンド・ジェームズコーチの話を真剣に聞いていますね。

スウェーデン戦

スウェーデンはチョコレート
日本はバナナ、みかん、いちご、ドライフルーツを食べています。

イギリス戦

イギリスはバナナ、みかん、カットフルーツ、ナッツで、
日本はりんご、バナナ、ドライフルーツ、ゼリー飲料などです。

アメリカ、デンマーク、韓国戦

こうして見ると外国選手はすべて立ったまま、
日本の選手は必ず円陣を組んで座っています。

だからよけいに目立つのでしょうね。

スポンサードリンク

おやつタイムの意味

第5エンド終了時点で7分間のハーフタイム(おやつタイム)があります。
競技時間は約2時間半と長く、頭も使うため、
心身ともに消耗するのですね。

そのためハーフタイムに栄養補給をしながら
作戦会議となるわけです。

テレビで見ていると、
そんなに体力が必要には見えませんが、
意外に持久力がいるのです。

ですから、バナナのように
消化のいいもの、吸収のいいものを食べているのですね。

チョコレートは血糖値が急上昇するため、
あまりよくないようです。

まとめ

NHKがOAR戦の中継でおやつタイムの時間中に
羽生結弦さんのインタビューを流した所、
抗議が殺到したそうです。

いかに多くの男性(間違いなく)の視聴者が
楽しみにしていたかがわかります。

ちなみに男子のカーリング選手はおやつタイムでも
立ったままで栄養ドリンクを飲み、おやつは食べていません。

別に男性の食べる映像は見たくないでしょうけど。

女性は甘いものを食べることでストレス解消にもなるので、
おやつタイムはいい時間じゃないかと思います。

スポンサードリンク
おすすめの記事