平昌オリンピック・スピードスケート1000メートルで
銀メダルを獲得した小平奈緒さん。

実力を出し切れたということですが、
金メダルを取れなかった悔しさも感じられましたね。

ところで小平さんがかけていた、
黄色とオレンジのメガネが目立っていました。

左右色違いで、おしゃれというか変というか、
メガネが気になった人も多いようです。

そこで小平さんがかけていた変わったメガネの、
ブランドや価格などについて調べました。

スポンサードリンク

小平奈緒の左右色違いのメガネのブランド

小平さんは今まで
白いメガネをかけていた印象が強いですが、
今回の平昌オリンピックでは
なぜか黄色とオレンジの左右色違いですね。

最初見た時、なぜこの配色なの?変!と
思った人は私だけではないでしょう(笑)。

真剣勝負で笑いを取りに来るはずはないし(当たり前!)
ちゃんとした意味があるのでしょう。

メガネのブランドは「オークリー」です。

オークリーを使い始めたきっかけは、
元スピードスケート選手・清水宏保さんが
つけていたのに憧れていたからです。

清水さんのファンだったのでしょうか。

それと、風の影響で涙が出てしまうのを、
しっかりカバーしてくれるサングラスが
オークリーしかなかったためでした。

小平さんは近視なので、
度付きを使用しています。

モデルがフラック2.0RX(FLAK2.0)というものです。

価格が度付きで約7万円
性能がいいだけに値段もすごいですね。

オークリーのメガネはこちら
価格もいろいろです。

配色の意味は?

黄色とオレンジの眼鏡はハーモニーフェードコレクションという
名前がついています。

適当に明るい色にしたわけではなく、
オレンジは選手のうちに秘めた情熱、
黄色は勝利への道を照らす太陽を表現していて、

競技者にふさわしいと配色として
デザインされたのでしょう。

小平さんはオークリーの契約選手なので、
この派手なメガネを提供されたのです。

小平さんも最初見た時びっくりしたのではと思います。

スノーボードの平野歩夢さんやスピードスケートの高木美帆さんなど
多くの選手も同じ色のメガネですが、
やはりオークリーの契約選手だからです。

多くの人が見るオリンピックなので、
身につける物も目にする機会が多くなり、
オークリーの宣伝効果は抜群でしょう。

スポンサードリンク

みんなのメガネの評価

多くの人が小平さんのメガネが変だと思っていますが、
かっこいいとの少数派もいました。

たぶん、小平さんだからかっこよく見えたのでしょう。
一般の人がかけていたら、突っ込まれまくるでしょうね。

関連記事はこちら
↓  ↓  ↓
小平奈緒の髪型が非対称でも似合っている!美容院はどこで?

まとめ

小平奈緒さんの2色のメガネは
あまり評価がよくないようですね。

私もいつもの白いメガネのほうが
小平さんのインタビューに集中できていいです(笑)。

オークリーにとってはいい宣伝効果になりますが。

スポンサードリンク
おすすめの記事