「R-1ぐらんぷり2018」の決勝に
盲目の芸人・濱田祐太郎さんが残りました。

濱田さんは自身の障がいをネタにして
笑いを取ります。

これまで盲目の芸人はいなかったので、
白杖を手にしゃべる姿も新鮮です。

漫談がおもしろいと評判の濱田さんは
彼女はいるのでしょうか。

スポンサードリンク

濱田祐太郎のプロフィール

生年月日:1989年09月08日

身長体重:171cm

体重:85kg

血液型:O型

出身地:兵庫県神戸市

趣味:フォークギター、アコースティックギター、
   フィンガーピッキング、大食い

特技:あんまマッサージ指圧師、針師、
   自分の好みに合わせて丁度いいかたさでお米を炊ける事

フィンガーピッキングはギターなどを指や爪で
弾いて演奏することです。

とにかくギターが好きなようですね。

大食いが趣味の割には太ってはいませんが、
ギャル曽根さんみたいにいくら食べても太らない体質なのでしょうか。

指圧師などは盲目の人がよくつく職業ですね。

左目は生まれつき見えず、
右目も光を感じる程度です。

小学6年生の時にテレビでビッキーズの漫才を聞いて
お笑いに興味を持ち、視覚特別支援学校を卒業後、
吉本総合芸能学院に入学しました。

2013年4月にデビュー。
2017年10月の「NHK新人お笑い大賞」で決勝進出

濱田はイケメンでおもしろい

濱田祐太郎さんは盲目の漫談家ということで
どんな人かと見てみると、
意外とイケメンで驚きました。

目の見えない人がよくかけているような
サングラスもしていません。

でも白杖をついて、舞台のマイクのところまで、
誘導されているので、確かに目が見えないのだとわかります。

目が見えないのをネタにしているので、
観客も笑っていいのか判断に困っているようなところもあります。

でも本人は「迷ったら笑っといて」と
言っているので、気にせず笑ったほうが
いいのでしょう。

濱田さんの漫談はおもしろいですね。
関西出身だけあってお笑いを心得ている感じです。

しゃべりを武器に活躍しそうです。

スポンサードリンク

彼女はいる?

濱田さんはしゃべりはおもしろいし、
イケメンなので、彼女もいそうですが、
今のところ、情報がありません。

濱田さんは舞台上だけでなく、
普段から明るいみたいですね、

女性にもやさしそうなので、
もてるかもしれません。

まとめ

濱田祐太郎さんを目が見えないと知らないで見たら、
健常者と思うかもしれません。

濱田さん自身、障がいがあって、
そこそこのしゃべりをする芸人だという自覚があり
それを活かして頑張りたいと言っています。

今まで盲目の芸人さんはいなかっただけに
観客もとまどうかもしれませんが、
障がいは一つの個性として受け入れ、
一人の芸人として評価したらいいのでしょう。

スポンサードリンク
おすすめの記事