平昌オリンピックに北朝鮮の「美女応援団」が登場しました。
総勢約230人の大応援団です。

韓国には美女応援団の追っかけがいるほど、
注目を浴びている彼女たちですが、
よく見るとみんな二重まぶたですね。

整形しているのでしょうか。

”美女”と名付けられてはいますが、
みんながみんなきれいな人ばかりではありません。

この人が?と思うような人も混じっています。

選考基準はどうなっているのでしょう。

スポンサードリンク

美女応援団の選考基準

美女応援団に入る条件の一つは
身長が165センチ以上、体重50キロ以下です。

道理でみんなほっそりしているわけです。
太っている人はいませんもんね。

年齢は10代後半~20代前半となっています。
20代後半はもう無理ですか。
北朝鮮も若いのがお好きなようです。

そして当然ながら美人でなければいけまん。
身分が低いものも応援団には入れません。

メンバーの大多数がエリート校である金星学院から選ばれることからも
見た目だけが大切ではないことがわかります。

しかし、実際選ばれるのには賄賂も必要です。
北朝鮮は賄賂が横行している国なので、
美女応援団に入るのも賄賂の額で決まると言われます。

最終的にはお金が物を言うのですね。

そしてメンバーに選ばれると、
合宿で服装やヘアスタイル、化粧、
話し方や歩き方を学びます。

二重に整形

美女応援団がみんな二重まぶたなのは、
北朝鮮人の特徴というのではなく、
一重の人は手術をしているからです。

やはり二重のほうが目がぱっちりとして
きれいに見えますからね。

エリート校出身の富裕層なので、
整形手術をする余裕もあるのです。

中には、顔のシワを取り除くボトックス手術
受ける人もいます。

美女応援団はみんな色白ですが、
日焼けをしないようにしているからです。

少しでもきれいに見せようとしているのですね。

スポンサードリンク

美人だけではない

美女応援団のはずなのに、
美女ではない人もいますね。

化粧である程度はきれいに見せる事ができても
明らかにどう見てもそうでない人がいます。

そんな人達はやはり賄賂で入ったのでしょう。

美女応援団に入りたい人はたくさんいるので、
お金を使ってでもという感じでしょう。

ネット上でも美人でないと感じている人が多くいました。

私の目がおかしくないとわかってホッとしました。

まとめ

日本の男性も北朝鮮の美女応援団を
楽しみに見ている人は多いでしょうね。

あの娘がかわいいとか思っているのではないでしょうか。

北朝鮮のオリンピック出場選手はほんの22人です。

それに対して美女応援団の数が10倍以上の230人。

それほどの大人数をオリンピックに送り込むのは
北朝鮮の印象をよくし、南北を打ち解けさせ、
経済制裁を解除させようとの思惑があるからです。

スポンサードリンク
おすすめの記事