東京都の区立泰明小学校が2018年度春の入学生から、
イタリアの高級ブランド「アルマーニ」の制服を
導入することに決めました。

上着やシャツ、帽子、ズボンやスカートを
替えまで一通り揃えると、約9万円もかかります。

公立の学校で高額なブランドの制服を
導入する必要があるのでしょうか。

理由は何なのでしょう。

スポンサードリンク

泰明小学校・アルマーニ導入の理由

和田利次校長はアルマーニ標準服の導入理由について
長々と説明していますが、要約すると
次のようなことでしょう。

泰明小学校は特別な存在であり、
伝統や誇り、美しさを保っていかなければならない。

にも関わらず、泰明小学校の在るべき姿とは
かけ離れている。

泰明小学校は注目される存在なのに
児童はそれに値していない。

銀座の街にある小学校らしく、
子どもも銀座にふさわしくあってほしい。

そのためブランドの標準服を身につけることで
他者や学校との同一性を持ち、
より良い集団になろうという意識を持たせたい。

泰明小学校は銀座ブランドの一つだから、
児童にブランド服を着せるのがふさわしい。

つまりは、校長が見栄を張りたいだけにもみえます

他の公立学校とは違うという優越感に浸り、
制服で評価してもらいたいだけのようです。

公立学校でアルマーニは必要か

私立ならともかく、
泰明小学校は公立です。

私立に行かせたくても、
経済的な事情で、公立に通わせる親も多いでしょう。

公立なら授業料、教科書代はいらないですからね。

それなのに、制服がアルマーニになるって、
私立小学校の制服代より高いではありませんか。

子どもは成長が早いので、
毎年ズボンやシャツを大きいのに
買えかえなければならない児童もいるでしょう。

毎年9万だと6年間で54万円

親でもアルマーニはなかなか着ることもないのに、
子どもには贅沢すぎはしませんか。

高い制服を着ていても
子どもは気にせず汚しそうなので、
親がヒヤヒヤしそうです。

和田校長が独断でアルマーニに決めたのが問題です。

公立なら、しっかり保護者の意見を聞いて、
納得行くように説明するのが先だったでしょうに。

スポンサードリンク

アルマーニ批判の声が多数

ネット上には制服をアルマーニにすることに
批判の声が圧倒的に多いです。

肯定派は少数です。

それでも他人事って感じですね。

自分の子どもに着せるとなったら
反応も違うのでしょうけど。

ちなみに有名人の卒業生は島崎藤村や近衛文麿、
和泉雅子、朝丘雪路さんなどです。

最近の人はいないみたいですね。

まとめ

泰明小学校の和田校長は体面を気にする人なのでしょう。

自分の学校をよく思われたい気持ちがあるのでしょうね。

だとしても、小学1年からブランド物で固める意味は
よくわかりません。

親の意見を無視した、自己中心的な感じがします。

スポンサードリンク
おすすめの記事