秋篠宮家の長女、眞子さまと小室圭さんの結婚関連の儀式が
突然延期となりました。

今年の3月4日には一般の結納に当たる納采の儀、
11月4日には結婚式が行われる予定だったため、
延期は週刊誌での報道が関係しているのではないかと
思われましたが、宮内庁は無関係だとしています。

準備の時間がないことが延期の理由とされていますが、
真相はどうなのでしょう。

スポンサードリンク

小室圭と家族を巡る報道

法律事務所に務める小室圭さんと、眞子さまが
電車内での仲睦まじそうな様子を
週刊誌に撮られたのが、2016年10月のことでした。

そして宮内庁からの正式な発表はまだなのに、
2017年5月にNHKによって婚約報道がなされました。

その後、眞子さまと小室さんは婚約会見を開きましたね。

眞子さまの婚約者ということで、
小室さんはもちろん、家族についても、
根掘り葉掘り詮索されました。

母親がパートで生活が苦しく、
交際男性からお金を借りて返さないとか、
ある宗教に属しているだとか、
週刊誌に取り上げられました。

こんな小室家に嫁いで眞子さまは大丈夫かと
心配する声もあります。

眞子さまがかわいそうとも思われています。

ネット上では小室さんはチャラいという意見もあり、
好青年という印象だけで済んでいません。

結婚延期の真相は

納采の儀の1ヶ月前になって、延期となるのは、
異例のことです。

自然災害が理由で延期するわけではないですからね。

しかも延期は2020年までと、
2年もあります。

眞子さまは公表した「お気持ち」の中で、
充分な準備を行う時間的余裕がない
ことを結婚延期の理由にしています。

その上、自分たちの未熟さも原因としているのです。

悪いのは全部自分たちだと
皇室の方としてふさわしい適切な対応をされています。

しかし全文にあったように、
予期せぬ時期に婚約報道がなされ、
婚約内定の発表を当初の予定を早めて
やらざるを得なかったことから、
結婚が延期になったそもそもの原因は
マスコミにあるのではないかと思います。

眞子さまと小室圭さんがいいと思った時期に
自分たちのタイミングで発表ができていたら、
婚約を早めることもなく、結婚まで十分な時間が
取れたのではないでしょうか。

報道が先走って、眞子さまたちを
追い詰めたのではないですかね。

スポンサードリンク

世間の人もマスコミを非難

眞子さまの結婚延期を聞いて、
やはりマスコミが悪いと思っっている人が多いです。

週刊誌で不倫報道され、引退に追い込まれた歌手もいますし、
なんでも報道するのも問題ですね。

まとめ

NHKが皇族の方の婚約をどこよりも早く
すっぱ抜きたかった気持ちもわかりますが、
一般人とは違いますからね。

眞子さまと小室圭さんの気持ちは固いようなので、
まさか婚約破棄とはならないでしょうが、
もしそうなったとしたら、マスコミのせいだと
思われるでしょうね。

小室さんの母についてもいろいろ書かれていますが、
結婚するのは当人たちなので、
静かに見守るしかないでしょう。

スポンサードリンク
おすすめの記事