2014年に春日野部屋の力士が兄弟子に
掃除の仕方で呼び出され、暴行を受け、
あごが骨折して全治1年6か月と味覚障害と診断されました。

春日野親方は当時の北の湖理事長などに報告したとしていますが、
危機管理委員長の宗像さんは報告を受けていない、
と言っています。

そして事件は世間に公表されないままでした。

春日野親方の処分はどうなるのでしょう。
辞任するべきという声が多いですが。

スポンサードリンク

春日野親方はなぜ事件を非公表

春日野親方が弟子の暴行事件を報告したという、
北の湖理事長はもう亡くなっているので、
報告の事実は確認はできません。

もし報告しているのに公表しなかったのなら、
暴行事件を隠蔽したと思われます。

公表していない理由について親方は
もう辞めてますから」と言いました。

暴行した兄弟子はすぐ辞めたわけではなく、
引退するまでに公表する時間はいくらでもあったはずです。

辞めていようがいまいが、
危機管理委員会はそのためにあるのでは。

不祥事の予防や発生した場合の適切な対応などを
目的として設置されたはずですけど。

まさか事件を隠蔽するのが目的ではないでしょう。

春日野親方は辞任相当か?

日馬富士の暴行事件は世間に明るみに出たので、
日馬富士の処分を始め、師匠の伊勢ケ浜親方は
理事を辞任し、2階級の降格処分を受けました。

春日野部屋の暴行は内々でもみ消したので、
暴行した弟子や親方への処分はありませんでした。

暴行を受けて実家に逃げた弟子を連れ戻すため、
病院に連れて行くと言いながら、整体で済ませようとし、
弟子がたまらず病院に行ったら、春日野親方は
勝手なことしやがって」とわけのわからないことを言う始末。

大事な弟子が大ケガをしているのに、
手術が必要な治療を受けさせないというわけですね。

本当に親方をやる資格があるのでしょうか。
人の親から預かっている力士を何だと思っているのでしょう。

病院に行って世間にバレたら困るから、
という本音が見えます。

本来なら、親方が責任を取って、
何か処分があって当然でした。

今回被害者の矢作嵐さんが、
加害力士と春日野親方に、
損害賠償訴訟を起こしていなければ
事件は知られないままだったでしょう。

相撲協会は春日野親方を処分しなければ
世間が黙っていないでしょうね。

一人の人間の相撲人生を奪った責任が
監督者としてあるはずですから。

伊勢ケ浜親方が理事を辞任しているので、
春日野親方も理事辞任は当然として、
辞任になってもおかしくないでしょう。

スポンサードリンク

春日野親方に世間の声は

相撲協会や春日野親方に批判が集中しています。

春日野親方にも見せたい内容です。

まとめ

相撲界から暴力をなくすのは難しいのでしょうか。

今の親方たちの現役時代が暴力が当たり前だったので、
弟子の暴力にも甘いのでしょうか。

春日野親方は今後のためにも辞任させて、
暴力は許さないという空気を作ってもらいたいものです。

スポンサードリンク
おすすめの記事