漫画家の東村アキコさんが
2017年4月に離婚していたことがわかりました。

仕事が忙しく、すれ違いがあったことなどが
原因とのこと。

東村さんは今回で2度目の離婚です。

2度の結婚と離婚、子どもの情報について
まとめました。

スポンサードリンク

東村アキコのプロフィール

東村アキコさんについて
代表作などをご紹介します。

1975年10月15日、宮崎県生まれ

血液型:O型

金沢美術工芸大学卒

大学を卒業後、漫画を描き始めました。

1999年、「フルーツこうもり」でデビュー。

2007年8月から描き始めた育児エッセイ漫画、
ママはテンパリスト」が100万部を売り上げる大ヒットとなり、
東村アキコさんは一躍有名になりました。

ほかの代表作が「海月姫」と「東京タラレバ娘」です。

「東京タラレバ娘」は累計330万部を売り上げ、
2017年1月からテレビドラマ化されました。

吉高由里子さん、榮倉奈々さん、
大島優子さん主演で大ヒットとなりました。

「海月姫」は累計440万部を越えています。

2010年にテレビアニメ化、
2014年には実写映画化され、
2018年1月にはドラマ化されます。

それだけ話題作ということですね。

2011年には「このマンガがすごい!2011 オンナ編第3位
を受賞しました。

ドラマでは女装男子・蔵之介に
瀬戸康史さんが演じるとわかり、
東村さんは「ありがてええええ!!!!!!”
アシスタントさんとみんなで感謝感謝でした。
瀬戸くんの女装、本当に可愛いと思います!
期待大です!!」
と喜んでいます。

弟も漫画家で名前が森繁拓真さんです。

となりの関くん」は累計部数300万部を超え、
実写ドラマ化されました。

姉弟そろってすごいですね。

東村アキコ1度目の結婚と離婚

東村さんの最初の結婚は2004年、
IKKAN(本名・新井一貫)さんと
デキちゃった結婚でした。

IKKANさんは俳優、声優、作家、演出家で、
劇団に所属しています。

二人は離婚するまで別居婚で、
子どもは男の子が一人。

別居ですから子育ては東村さん一人で行い、
大変だったと思われます。

名前が「悟空」で、通称ごっちゃん。
西遊記から命名したそうです。

漫画家らしいというか。
よほど西遊記が好きだったのでしょう。

ごっちゃんは現在小学6年生です。

離婚したのは結婚から4年後で
ケンカの勢いで売り言葉に買い言葉の感じで
離婚届を出した」と。

穏やかではなかったようですね。

スポンサードリンク

2度目の結婚と離婚

2013年、2歳年下で、
ファッションデザイナーの安藤悟史さんと
友人の漫画家の紹介で出会い、再婚しました。

子どもは安藤さんになついていて、
安藤さんはよく面倒を見ていました。

2017年3月には写真週刊誌「FLASH」で
離婚の噂を報じられました。

報道によれば、東村アキコさんは
夫と別居しているとのことでした。

4月に離婚したので、
報道は正しかったのですね。

離婚原因は仕事が忙しく、
すれ違いが生じたからだけでなく、
意見がぶつかることも多くて、
生活観の違いから口論が絶えなかったからと言われます。

1度目の結婚同様、
夫と激しくやりあったようですね。

夫婦喧嘩が多いと子どもにも悪影響でしょうから、
離婚も仕方がなかったのでしょう。

まとめ

東村アキコさんはギャグ漫画家として
知られていますが、その原点が
ぶっ飛んだ父親にあると言います。

漫画でも母親より父親のほうがよく出てきますね。

東村さんはバツ2となりましたが、
3度目の結婚はあるでしょうか。

きれいな人ですからね。

スポンサードリンク
おすすめの記事