演出家の市原幹也氏が、セクハラ行為を告発され
事実を認めて謝罪しました。

市原氏は過去に何人かの女性に対して
立場を利用し、性的な関係をせまったとされます。

被害女性は告発した数人ではなく、
多数に及んでいる可能性があります。

市原幹也とはどんな人物で、
これまでどんな仕事を手がけてきたのでしょう。

演出家としての評価や家族について調べました。

スポンサードリンク

市原幹也のプロフィール

市原幹也は1978年山口県生まれで、
今年39歳です。

演出家として演劇作品を作ることを
仕事としています。

市原氏が25歳くらいの時、
2003年から「劇団のこされ劇場≡」を主宰しています。

男性2人、女性8人の構成員で
平均年齢が25歳の若者集団です。

2014年4月1日からは横浜黄金町で
演劇センターF」を立ち上げ、
芸術監督を務めています

これを立ち上げた意味が
「場に満ちた演劇を、集めて、絡めて、
縫いあわせることができれば、
だれかのどこかのいつかに届けることも可能になる。
そのための場を用意した」
ということです。

なんだかよくわかりませんね。

市原氏によれば
まちの人を俳優にしてしゃべってもらう演劇
だそうです。

つまり素人に演技をさせるのが
目的なんですね。

まち全体を舞台にして、
そこに暮らす人が演者になるという
新しい観劇方法なのです。

演出家としての評価は

「劇団のこされ劇場≡」のホームページによれば

「ライブハウスでの食事付き公演など、
従来の枠にとらわれない独自の公演形式を常に模索しており、
アートパフォーマンスなどを取り入れた舞台構成や
センシティブな演出には定評がある」と。

また、平成24年には、北九州市民文化奨励賞
Co Rich舞台芸術まつり!2013で準グランプリ
ふくおか地域づくり活動賞奨励賞
平成25年には日本演劇教育連盟演劇教育賞
受賞しています。

演出家としての評価は高いようですね。

作品が国内外の国際的な演劇祭へ招かれることもあり、
海外でも評価されています。

スポンサードリンク

市原幹也の家族

市原氏の家族の情報はありませんでした。

ツイッターを見ても
子どもや奥さんのことは出てきません。

今年39歳なので、
結婚していてもおかしくありませんが、
独身なのでしょうか。

もし奥さんがいたら、
何人もの女性にセクハラをしたことがわかると
離婚をされそうです。

まとめ

市原幹也氏は演出家としては成功しているようですが、
女癖が悪く、何人もの女性を敵に回しました。

「劇団のこされ劇場≡」も女性が多いのは
自分の周りに女性を置いておきたいからでしょうか。

この中にも被害者がいるのではと思います。

被害女性はすべて謝罪を求めるべきでしょう。

スポンサードリンク
おすすめの記事