大晦日に放送される、インターネットテレビ番組、
「朝青龍を押し出したら1000万円」に、
格闘家のボブ・サップが挑戦者として
参戦することがわかりました。

元朝青龍と土俵上での相撲対戦で、
早くも楽しみの声が上がっています。

ボブ・サップは一時期、
日本のテレビに出まくってましたが、
最近はすっかり姿を見なくなりました。

今でも格闘家として活動していますが、
テレビから消えてから現在まで
どうしていたのでしょう。

ボブ・サップの全盛期から現在までを
まとめました。

ボブ・サップの全盛期

ボブ・サップは1973年、
アメリカコロラド州生まれの44歳。

ワシントン大学にアメリカンフットボールの奨学生として
入学し、社会学と薬学を専攻しました。

格闘家と言うと
筋肉ばかり鍛えているというイメージがありますが、
ボブは勉強にも励んでいたのですね。

1997年にナショナル・フットボールリーグに入団しましたが、
負傷によって3年で退団することになりました。

その後、プロレスラーに転向しましたが、
プロレス団体が倒産したこともあり、
今度は格闘家へと進みました。

PRIDEやK-1に出場して、活躍すると人気が出て
多くの番組やCMにも出演するようになりました。

中でも私が印象に残っているのが、
大晦日に放送されたK-1で、
元横綱の曙と対戦した試合です。

曙にとってはデビュー戦で
注目されましたが、始まってみると、
曙は1ラウンドKO負けしました。

リング上でまるでひきガエルのよう
ドテッとうつ伏せに倒れた姿が醜く、
印象に残りました。

その後、ボブはIWGPヘビー級王座を獲得
次々と勝利を収めてきました。

2010年になると格闘家として
試合に出ることは少なくなり、
最近では試合出場の情報すら入っていません。

現在はまだ独身

ボブ・サップは44歳の今でも
独身貴族です。

なぜ結婚しないのかわかりません。

以前テレビで語っていたところによると
美人で頭のいい人が好み」だそうです。

そういう人が周りにいなかったのでしょうか。

いても女性のほうが怖がって
避けていた可能性もあります。

ボブのあだ名が「野獣」。

または「筋肉の2世帯住宅」(笑)。
誰が名付けたかと思ったら、
古舘伊知郎さんでした。

その他にも「無敵の暴走機関車」とも。

あだ名を聞いただけで女性が逃げそうです。

なぜか催眠術師になっていた

ボブ・サップをテレビで見なくなったと思ったら
韓国で催眠術師になっていました。

格闘家から催眠術師ってどうしてという感じですが、
人間の脳について勉強するうちに
催眠術にも興味を持ったのですね。

大学で勉強していたくらいですから、
もともと学ぶのは嫌いではなかったのでしょう。

実際に催眠術をかけている動画がこちら

本当に催眠がかかっているのかは
動画ではよくわかりませんね。

でも韓国ではかなり有名になっているので、
催眠術師として稼いでいるのでしょう。

ボボ・サップに改名?

2017年3月に放送された「YOUは何しに日本へ?」に
ボブ・サップが出演し、
ボボ・サップに改名したと言いました。

生まれ変わったから、
スペイン語でピエロを意味するボボという
芸名にしたそうです。

でも今でも日本では
ボブ・サップという名前で
番組参戦となっているので、
改名がどこまで本当かはわかりません。

スポンサードリンク

現在の収入や貯金額がすごそう

ボブ・サップは
全盛時の月収が1億2600万円で、
貯金額が4億円と言われました。

格闘家は体を張っているので、
いいお金がもらえたのでしょう。

40歳で格闘家は引退するとしながら、
今でも続けています。

催眠術師としての収入も
かなりあるでしょう。

独身ということもあり、
貯金がさらに増えていると思われます。

まとめ

ボブ・サップを初めて見たのは確か、
何かの番組でダウンタウンの松本さんを
追いかけているところでした(笑)。

あの顔と筋肉で迫ってきたら
松本さんも怖かったと思います。

かつて格闘家として活躍し、
今は筋肉を使わない催眠術師。

おもしろいですね。

スポンサードリンク
おすすめの記事