眞子さまの婚約者・小室圭さんの母・佳代さんに
400万円の借金があることがわかりました。

佳代さんは以前、交際し婚約までした男性に
何度もお金を借りましたが、
今でも返済の意思がないということです。

そんな小室家に入る眞子さまのことを
心配する声が多く、婚約破棄すべきという人もいます。

佳代さんは一体どんな人なのでしょうか。
仕事は何をしているのでしょう。

スポンサードリンク

小室佳代は夫亡き後、婚約者がいた

小室圭さんの母・佳代さんは、
横浜市役所で働いていた敏勝さんと結婚し、
圭さんが生まれました。

しかし、圭さんが小学4年生のとき、
敏勝さんが突然死します。

それから佳代さんは圭さんを女手一つで
育てていました

そんな中、共通の友人を通して知り合った男性と
仲良くなり、婚約をしました。

婚約者にお金をせびる

佳代さんは婚約者にたびたび
お金を借りるようになりました。

圭さんの大学入学金や授業料、
アメリカへの留学費用まで
男性から出してもらいました

佳代さんはパートで働いているので、
生活も苦しかったのでしょう。

圭さんは裕福な家庭ではなかったのです。

しかし、婚約者はあくまでお金は貸していて、
返してもらうつもりだったのですね。

一方、佳代さんの方は婚約者だから、
借金の意図はなく、贈与と受け取っていました

だから婚約解消の時に、
今まで貸したお金を返してくれと言われても
納得できなかったのでしょう。

それが2012年のことです。

5年たって、圭さんと眞子さまの結婚を前に
借金の話が明らかになりました。

男性は二人の結婚を壊すつもりはないと言っていますが、
それなら400万円は愛した女性に貢いだものと
考えることはできなかったのでしょうか。

借用書を作らなかった男性にも非があります。

小室佳代と宗教団体との関係

佳代さんの母がある宗教団体に入信していたことから
佳代さんも入信しました。

佳代さんの旦那さんも信者だったようなので、
息子の圭さんも信者の可能性がありますね。

佳代さんはその宗教の関係者らしい霊媒師を頼りにしていて、
相当その宗教にのめり込んでいる感じがします。

旦那さんが亡くなり、将来の不安から
霊媒師に頼らざるを得なくなったのでしょう。

スポンサードリンク

現在はケーキ屋でパートの仕事

小室佳代さんは今都内のケーキ屋さんで
パートとして働いています。

それが創業1952年の老舗のお店「マッターホーン」で、
全国にファンがいる人気の洋菓子店なのです。

場所が東横線学芸大学駅のすぐ近くです。

ケーキ屋さんの時給は850円か900円くらいでしょう。

佳代さんはいつから勤務しているのかは
わかりませんが、圭さんが働く前は
生活が厳しかったと想像できます。

まとめ

眞子さまと小室圭さんのおめでたい結婚を前に、
小室さんの母の借金問題が出てきました。

小室さん親子は仲がよく、互いに依存しあっている、
と言われます。

眞子さまは将来、小室さんの母の面倒を見るつもりでしょうから、
借金があったとなれば、周囲も心配して当然です。

小室佳代さんのほうはお金を借りた意図はなかったと思われるので、
婚約者のほうがはっきりさせておかなかったのも悪いと思います。

スポンサードリンク
おすすめの記事