ファミリーマートから忖度御膳なるお弁当が、
12月1日から全国で発売になりました。

流行語大賞の候補になった、「忖度」と「けものフレンズ」のうち、
アンケートで商品化を希望する方を選んでもらった結果、
「忖度」に決まったのです。

具材には忖度する相手に送るメッセージが
込められています。

限定80万食となっていて、
値段が税込798円と高いですが、
果たして売上の方はどうなのでしょう。

スポンサードリンク

忖度弁当の中身がすごい

一つ一つの具材に「忖度」のメッセージ
込められているという忖度弁当。

写真で見ると彩りもよく、おいしそうに見えます。

金色の輝く箱が高価さを演出していますね。

旅館の食事かと思うようようなお品書きまで
ご丁寧についています。

これまでのコンビニのお弁当にはなかった感じです。

中身はというと。

あんかけ

野菜のうま煮

金目鯛

金峰米

のどぐろ

枝豆

胡麻和え

たくあん

高級魚・のどぐろや金目鯛が入っているので、
値段が高くなるのもうなづけます。

のどぐろは錦織圭さんが食べたいと言って
有名になった魚ですね。

それぞれの具材に込められた意味

誰が考えたのか、少しこじつけなところもあります。

「この案件(あん)うまく(うま煮)いくと
めでたい()です。
金(金峰米)を目当てにするほど腹黒く(のどぐろ)ありませんが、
マメ(枝豆)にお会いして、たくさんお話させていただきたいです」

これがゴマすりだと。

「最後にこの想いを香の物に込めました。
そんたくあん

最後までダジャレで通しています。

スポンサードリンク

忖度弁当高すぎて売れない

忖度弁当は、税込価格が798円
ファミリーマートのお弁当のなかで、
最高額となっています。

安い弁当の2倍くらいしますね。

中身がよくてもコンビニで買うには高すぎるのか、
売れ行きがよくないようで、
廃棄処分になっているお店もあるのですね。

お弁当は消費期限が短いので、
長くは置いておけません。

ネット上には店員さんの悲痛なつぶやきがありました。

このつぶやきに対して、リツイートの数がすごいです。

共感している人が多いのでしょう。

「忖度弁当」ではなくて
けものフレンズ弁当」だったらよかったのでは
という声もありました。

値段もそうですが、
「忖度」をお弁当の名前に使った事自体、
間違いではないでしょうか。

自分用に買うには話のネタにはなるでしょうが、
上司や得意先に渡すにはちょっと・・・・

「いかにもあなたのことを考えていますよ」
という感じが見え見えで。

まとめ

忖度弁当を廃棄しなければならない店員も
辛いでしょうが、お弁当の中身を考えた人も
報われませんね。

せっかく限定で希少価値を持たせたのに、
売れなければ意味がないです。

スポンサードリンク
おすすめの記事