女優の真木よう子さんが、体調不良を理由に、
出演予定だった映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」を降板しました。

事務所によれば、
現在の体調では長期に渡る撮影が難しいとのことです。

この映画はまだ真木さんの撮影は、
始まっていませんでしたが、
これまでも真木さんはドタキャンしたことがあったりと、
何度かお騒がせしてきたようです。

これまでの真木さんの騒動と、
今後の事務所移籍や、干される可能性について
見てみましょう。

スポンサードリンク

真木よう子コミケで炎上し、ドタキャン

2017年8月に放送され、
真木さんが主演したドラマ「セシルのもくろみ」は
全話平均視聴率が4.5%で、
ここ数年の木曜22時のドラマの中で最低視聴率になりました。

第9話が最終回となり、打ち切りになりました。

このドラマの放送中真木さんは、
「コミックマーケット」に参加すると発表しましたが、
資金集めなどを巡ってツイッターが炎上しました。

その後、同ドラマの収録もドタキャン
騒動になりました。

ドタキャンした理由はお酒の飲み過ぎだったようで、
主演女優として、あってはならないことでしょう。

これまでにも何度か遅刻をして、
撮影を止めたことがあったようです。

寝起きがよくないのでしょうか。

精神不安は離婚も原因か

真木よう子さんは2008年、元俳優の片山怜雄と結婚し、
2009年に第1子の女児を出産しましたが、
2015年に離婚しました。

ツイッターで炎上して謝罪して以来、
真木さんは精神的に大分弱ったようです。

そんな状態の真木さんに子どもを任せるのは
不安と思ったのでしょう。

元俳優の夫が1人娘を預かってしまいました

娘に会えないストレスで真木さんは
さらに精神が不安定になったようです。

スポンサードリンク

事務所独立の可能性も

「セシルのもくろみ」のドタキャンに続き、
今回の映画の降板です。

すでにプッツン女優のニオイを漂わせています。

これまで数々のドラマや映画に出演してきた真木さんですが、
ドタキャンやら降板やらが続くと、
今後は仕事の依頼も少なくなりそうです。

脇役ならともかく、主役でいきなり降板をされたら、
制作側も困りますからね。

そんな中、真木さんに事務所移籍説が出ました。
真木さん自身は事務所から独立する意志もあるようですが、
独立となったら、難しそうですね。

最近ではSMAPの3人が独立に際して騒動になりました。

真木さんも簡単にはいかなさそうです。

下手すると干される可能性もあります。
真木さんは今後どうなるのでしょう。

まとめ

真木よう子さんと同じ事務所だった、天海祐希さんは、
移籍してからも仕事が順調です。

真木さんも同じようにうまくいくでしょうか。

スポンサードリンク
おすすめの記事