小池百合子氏が代表を務める希望の党と
枝野幸男氏が代表を務める立憲民主党の違いとは何でしょうか。

どちらも民進党出身議員が多いようですが、
公約はどのようになっているのでしょう。

ツイッターにもかなり違いがあるようで。

スポンサードリンク

希望の党と立憲民主党ができた流れ

希望の党は民進党を離党した長島昭久氏、細野豪志氏、
自民党を離党した若狭勝氏など14人が結党しました。

民進党から離党する議員が相次いで、
危機感を抱いたのが民進党前原代表です。

安倍総理が衆議院を解散・総選挙をすると言い出し、
このままでは選挙を戦えないと前原氏は考えたのでしょう。

前原代表は民進党を希望の党に合流させるつもりでしたが、
小池代表は民進党の議員を全員受け入れるのではなく、
党の政策に合意したもののみを選抜して受け入れると言いました。

希望の党は従来からの伝統や制度を尊重する保守主義のため、
国家などの統制より個人の判断を尊重する自由主義(リベラル)の議員は、
希望の党には合わないという理由からです。

そこで、希望の党に入れない、
または入りたくないリベラル系議員を受け入れるため、
枝野幸男氏が立憲民主党を結成しました。

希望の党と立憲民主党の公約の違い

まずはどちらも公約で一致しているもの

消費税増税

希望の党も立憲民主党も2019年10月に予定されている、
10%への消費税引き上げは凍結しています。

希望の党は消費増税の代替財源として、
約300兆円もの大企業の内部留保への課税を検討しています。

内部留保課税とは、企業が毎年の利益から法人税や配当を
支払ったあとに残るお金に課税することです。

立憲民主党は代替財源を明記していません。

原発ゼロ

両党とも原発ゼロを掲げています。
再生可能エネルギーや省エネで実現させると。

公約が違うもの

教育

希望の党ー待機児童ゼロ、幼児保育・教育の無償化。
立憲民主党ー高校授業料無償化の所得制限廃止。

憲法

希望の党ー憲法改正を支持し、改正論議を幅広く進める。
立憲民主党ー憲法9条の改悪に反対。

スポンサードリンク

ツイッターのフォロワー数にはかなりの開きが

希望の党も立憲民主党も結党した時期が
ほぼ同じにも関わらず、
フォロワー数はかなり違います

希望の党は1万ちょっと、
立憲民主党は17万を超えています。

桁違いですよね。
自民党のフォロワー数より多いのです。

この違いは単純に人気の差かと言うと、
そうでもないようなんです。

業者を使って、フォロワー数を故意に増やしている
と噂されています。

本当かどうかはわかりませんが、
ツイッター開設たった2日で10万を超えるって、
アイドルじゃあるまいし。

そんなに人気があるんだったら、
衆院選の結果で見せてみなさい。

まとめ

希望の党も立憲民主党も上記の公約以外に
たくさん掲げていますが、どれもきれいごとを並べている
という感じがします。

特に希望の党の「花粉症ゼロ」。
花粉症の私が言います。
できるものならやってみなさい。

スポンサードリンク
おすすめの記事