「日曜ビッグバラエティ」の中の新企画で、
東京湾に生息する生物を片っ端からとりまくるのがありました。

東京湾では初めて捕れたという「ヒメコトヒキ」や、
2009年以来2例目となる深海ザメ「ヨロイザメ」も捕れました。

そのほかにも「アブオコゼ」や「グソクムシ」など、
珍しい生き物が次々と発見されましたね。

私は聞いたことがない名前の生き物ばかりです。

その中で気になった、ヒメコトヒキとヨロイザメ、アブオコゼについて調べました。

スポンサードリンク

ヒメコトヒキの大きさと特徴

ヒメコトヒキ」なんて発音するのも難しそうな、
変わった名前の生物ですね。

ヒメコトヒキは、スズキ目シマイサキ科に属する海水魚で、
宮崎県、鹿児島県、南西諸島、南太平洋、インド洋、紅海にいます。

それが東京湾で捕れたというのは本当に貴重なことでしょう。

頭から尻尾にかけて長いしまが3本入っているのが特徴で、
目が丸く(三角や四角の目の魚がいるのか知りませんが)
ちょっと愛らしい表情の魚です。

漢字で書くと姫琴弾
名前の由来はコトヒキよりも小さいからだそうです。

ならば、チビコトヒキでもよさそうですがね。
どうしても女にしたかったのでしょうか。
命名したのはきっと男性でしょう。

全長は約25センチメートルくらいで、食用になります。
九州の人は食べたことがあるのでしょうか。

塩焼きや唐揚げで食べるようです。

スポンサードリンク

ヨロイザメの特徴と見られる場所

ヨロイザメはヨロイザメ科のサメの一種。
そのまんまですね。

通常は水深200から600mの海底で生活している深海魚で、
世界中に生息しています。

全長は1メートルから1.4メートルほどで、
目が大きく、鼻は短く、唇が厚いのが特徴です。
目は緑色をしていて、いかにも深海に住んでいそうです。

日本の水族館の中では、静岡県の沼津港深海水族館
2017年の冬に展示されていましたが、今はもう展示を終了していて、
そのうち剥製となって戻ってくるようです。

そして、愛知県の蒲郡市竹島水族館にも
ヨロイザメはいるとのこと(まだ生きていれば)。

一度見てみたいという人は、問い合わせてみたらどうでしょう。

ヨロイザメは漁船に同行した専門家も
見たことがなかったという珍しいものなので、
見て写真を撮っておけば、自慢できるかもしれません。

アブオコゼの大きさと特徴

アブオコゼは体長8cm前後の小型の魚で、トゲがあり、
松島湾や新潟県以南、東シナ海に住んでいます。

見た目はちょっとブサイクで、触るのがためらわれるような感じ。
持ったらトゲが刺さりそうです。

食べることはできないようなので、
もし釣り上げたら離してあげましょう。

まとめ

日本にはまだまだ私の知らない生物がいっぱいいます。
今回取り上げた生物を水族館で見られたら楽しいですね。

スポンサードリンク
おすすめの記事