千葉県内のハイキングコースで、
小学生を含む子どもや大人約10人がスズメバチに刺された、
というニュースが流れました。

小学生らが約10人が一塊になって歩いていたところを
集団で刺されたということです。

どうして集団でいるところをスズメバチに襲われたのでしょうか。
ハチにさされやすい服の色はあるのでしょうか。

また、万が一刺された時の対処法も知っておいたら安心ですね。

スポンサードリンク

スズメバチに刺されやすい色とは

スズメバチにかかわらず、ハチに刺されやすい色は黒色です。

理由は単純で、ハチは本能的に黒色を敵だと認識して、
攻撃してくる習性があるからなんですね。

逆に刺されにくい色もあり、それが白色なんです。

ハイキングなど山歩きするときは、
黒っぽい汚れの目立たない色の服を着たくなりますが、
ハチを引き寄せる可能性があるので、白か白に近い色の服を着たほうが
安全ってことですね。

たしかに、テレビでハチの駆除をする人の服装を見ると
全身白い服を着ています。
それにはちゃんと意味があったんですね。

服は白くても髪の毛が黒かったら、
頭にもハチが攻撃してくるので、
帽子をかぶって頭を隠すのがいいです。

となると、白髪と金髪の人は頭は大丈夫そうです。

スポンサードリンク

ハチを避けるその他の方法

ハチは大きな声にも反応します
ハイキングの集団がハチに襲われたのは、
子どもたちの賑やかな声に驚いた可能性があります。

また、スズメバチは巣を守るため、
巣に近づかれると威嚇し、攻撃してくることがあります。

山歩きをするのにハチの巣を探しながら歩く人もいないでしょうが、
大きな声は控えたほうが身のためですね。

香水やヘアスプレーもハチを刺激するので
控えめにしたほうがいいです。

白髪や金髪でもヘアスプレーのニオイをプンプンさせていると
黒髪と同じくらい危険ってことですね

ハチに刺された時の対処法

昔はハチに刺されたら、尿をかけたらいい
なんてことが言われていました。

尿にはアンモニアが含まれるため、
消毒になると信じられていたようです。

でもそれは迷信で、意味のないことです。
刺されて痛いだけでなく、体が臭くなるのでやめましょう(笑)。

スズメバチには夏から秋にかけて刺されることが多くなります。
ちょうど山歩きにいい季節なので、
ハチへの対策も忘れずにしたいですね。

もし刺されたらすぐに、体内の毒を排出することが大切です。
口で吸い出すと、唾液と一緒にまた体内に入る可能性があるのでやめ、
水で洗い流し、患部を冷やせば、痛みや腫れが和らぎます。

ハチの毒にはアレルギー反応を引き起こすものもあるので
病院へ行って適切な治療をしてもらいましょう。

まとめ

スズメバチを見かけたら、刺激しないように
そっとその場を離れるのがいいです。
刺されたとしても、尿をかけるのは効き目がないのでやめましょう。

スポンサードリンク
おすすめの記事