2017年9月、参院議員のアントニオ猪木さんがまた、
北朝鮮を訪問しました。

今回で32回目の訪問となります。

猪木さんはなぜそんなに頻繁に北朝鮮を訪れるのでしょう。
目的は何なのか、成果は上がっているのか、
そもそも北朝鮮に行き始めたきっかけは何だったのか、見てみましょう。

スポンサードリンク

アントニオ猪木が北朝鮮に行くことになったきっかけ

アントニオ猪木さんの師匠・力道山は北朝鮮出身なのですが、
スポーツ紙で、力道山の娘さんが北朝鮮にいるという記事を見て、
娘さんに会いに北朝鮮に行ったのがきっかけです。

その後、力道山が北朝鮮出身ということで、、
1995年4月にピョンヤンで、プロレス興行が行われました。

それが「平和のための平壌(ピョンヤン)国際体育及び文化祝典」です。
この時、当時の北朝鮮総書記・金正日も競技場に見に来ていました。
金正日が猪木さんのファンだったということです。

ちなみにこの興行には北斗晶さんと佐々木健介さんも出ていて
仲良くなり、日本に帰って結婚しました。

2014年にも北朝鮮でプロレス興行を行っています。

猪木さんは平壌で開かれた労動党創設65周年記念の閲兵式にも招待され、
金正日と息子の金正恩が、自分に向かって手を振ってくれたと
親密ぶりも報告しています。

スポンサードリンク

アントニオ猪木の北朝鮮訪問の目的

政府は全ての国民に北朝鮮への渡航の自粛を要請していますが、
アントニオ猪木さんは特別なのでしょうか。

猪木さんは訪問の目的について
「スポーツ交流であり、人の交流を絶やさないことだ」と述べています。

9日の北朝鮮建国記念日に合わせた訪問で、
朝鮮労働党幹部ら要人との会談を調整しているとも言われます。

核・ミサイル開発問題で打開の道を探る意向のようです。

日本政府やアメリカに聞く耳を持たない独裁国家に
個人が口出しをして、金正恩が
「はい、わかりました。もうミサイルは飛ばしません。
核実験もやりません」
と言うはずはないですよね。

ほかにも目的があるのでしょうか。

米ヘリテージ財団の北朝鮮専門家によれば
「北朝鮮では、外国人の賓客に対する性的なサービスは普通」
と述べています。

猪木さんのスポーツ交流というのは本当かもしれませんが、
性的なサービスが楽しみで頻繁に北朝鮮に通っているのでは
と思ってしまいます。

北朝鮮訪問で得た成果は?

2010年には北朝鮮から親善勲章第1級を授与されました。
これは外国人に対して授与される勲章で、
平壌国際映画祭のため訪朝していた猪木さんに直接手渡されたのです。

日朝間のスポーツや文化交流を企画してきたことを評価されたようです。

プロレスラーのブル中野さんさんは、猪木さんの功績について
「プロレスを通じて親善を築き上げた」としています。

そう言いますが、一向に北朝鮮の拉致問題は解決しないし、
日本との関係がよくなったわけではありません。

猪木さんの周辺だけの親善ではないでしょうか。

今回の訪朝についてもブル中野さんは、過去に猪木氏の訪朝で
「ミサイル発射が中止されたことがあると聞いているので今回も期待」
と言っています。

猪木さんは昨年も同時期に訪朝し、
滞在中に5回目の核実験が行われました。

猪木さんとミサイル発射中止は関係ないのではないでしょうか。
いくら北朝鮮の重要人物と親しくなっても、
ミサイルや核の開発を止めることはできないでしょう。

「元気があればなんでもできる」
それなら金正恩を止めてください。

まとめ

アントニオ猪木さんの北朝鮮訪問は謎の部分が多いです。
いつミサイルを飛ばすかわからない危ない国に
なぜそんなに固執するのでしょう。

本当の目的はなんですか。

スポンサードリンク
おすすめの記事