リズムネタで有名な「2700」が2017年8月14日にコンビ名を改名し、
「ザ・ツネハッチャン」となりました。

テレビにも出て、有名になったのになぜ改名したのか、
これまでの経歴と改名理由を調べました。

スポンサードリンク

2700としての活躍

ツネこと常道啓史さんと、ハッチャンこと八十島さんの二人は
2008年にコンビを組み、2700として活動してきました。

お笑い芸人としての成績もまずまずです。

2009年-オールザッツ漫才で準優勝

2010年-オールザッツ漫才で優勝

2011年-キングオブコントで準優勝

その他にも準決勝進出が何度もあります。

エンタの神様や爆笑レッドカーペットなどにも出演し、
ツネさんの「右ひじ左ひじ交互に見て」というのが
耳に残ったという人も多いでしょう。

ツネさん1人でもネタを披露していて、
乳首に洗濯バサミをはめ、フラフープで取るという荒業や、
飲み込んだものを吐き出す人間ポンプの技も行っています。

女の私から見れば、痛いのを我慢して笑いを取るって
男ってバカだなと思うのですが。

その動画をご覧になりたい方はどうぞ

最近はテレビには全く出ていないようですが、
単独ライブは今年東京と大阪の2ヶ所でやっているんですね。

八十島さんのほうは2017年に即興芝居の「ジ・エンプティ・ステージ」
にも出演しています。

二人のツイッターを見ると、
あちこち営業で回っているようで、
決して暇ということではないようです。

スポンサードリンク

「ザ・ツネハッチャン」に改名した理由は

最初はまだ改名理由を明らかにしていませんでしたが、
後日、「有名な占い師さんにコンビ名を診ていただいたところ、
2700という名前では、売れるのが50年後」
と言われたと明かしました。

「占いは信じるタイプではないのですが、仕事の状況的に、
わらをもすがる思いがゆえの決断でした」
とも言っています。

ということは、やはり仕事が少なくなってきたということでしょう。

二人とも結婚していて、こどももいます。
大黒柱として生活費を稼ぐ必要があるのでしょう。

見てもらった占い師さんは誰かはわかりませんが、
改名によってまた売れるかどうかは今後の楽しみです。

実際改名によって売れた芸人さんはいます。
海砂利水魚がくりぃむしちゅー、
バカルディがさま~ずと改名して売れましたね。

何度も整形をしているツネ

ツネさんはもともと一重なんですが、
整形で二重にしているんですね。

今まで総額80万円をかけて二重と歯の整形手術を受けているそうですが、
整形前とあまり変わっていないと言われています。

写真で見る限りはしっかり二重に見えますがね。
見た目にもこだわりたい男性なのでしょう。

まとめ

正直、お笑い好きの私には二人の面白さがわからないのですが、
改名したことで再びテレビに出るようになるのか、見守りたいです。

スポンサードリンク
おすすめの記事