日本舞踊五月流三代目家元の五月千和加さん。

赤くて長い髪の毛、カラーコンタクトなど派手な外見から
日本舞踊界の異端児とか、ギャル家元などと言われています。

ギャルなのは外見だけでなく、ディズニーの楽曲に合わせたり、
小道具にもギャル要素を取り入れたりして
日本舞踊のイメージを覆すような斬新な公演を行っています。

そんな五月千和加さんの魅力についてまとめました。

スポンサードリンク

五月千和加のこだわりの髪

真っ赤な髪の毛はお尻まである長さ。
それは人と同じにはなりたくないという個性の現れなんですね。

ただ長く、染めてあればいいというのではなく、
サラサラな状態を保つため、しっかり月に2回お手入れに行ってます。

1回に美容院にかける費用はなんと9万円。
長いから染めるのにも時間と人が必要で、
4、5人がかりで、6時間かかるというのだからびっくりです。

月に2回ということは18万円も毎月髪にかけているんですね。
初任給くらいのお金が髪に・・・
家元ってかなり儲かりそう。

五月千和加さんの趣味の一つが海外旅行なので、
それだけ大きな収入があるってことですね。

髪が長いと家で洗うのも大変です。
トリートメントはかかさず行っているとのことです。
美容室においてあるような高級なものでしょうね。

髪が赤く、汗などで落ちるため、
寝具や洋服が白を選べないことが悩みの種だとか。

苦労もあるのですね。

スポンサードリンク

自由な高校に転校した過去

五月千和加さんは2歳の時に初舞台を踏み、
ずっと日本舞踊を習っているんですね。

小学校の頃から舞台と稽古のために早退することも多く、
学業との両立はなかなか難しかったようです。

家業か学業のどちらかを選んでくださいと言われ、
高校1年生の夏にそれまで通っていた跡見学園高校を退学して、
家業と両立できる別の高校に転入しました。

その高校の名前はどこにも載っていませんが、
校風とかがゆるい学校だったのでしょう。

そこでのびのびと今の五月千和加さんにつながる、
個性がはぐくまれたのでしょうか。

ジムで体作りに励む

意外にも五月千和加さんはジムに通って運動をしているんですね。
日本舞踊だと体を動かすので、十分運動になっているような気もしますが。

普通のジムとパーソナルジムの両方に通っている所が、
一般の人と違うところでしょう。

週に2回パーソナルジムで、食事管理をしてもらい、
他の曜日に一般的なジムで有酸素運動をしているそうです。

踊るのに着物を着られなくなったらだめだから、
体形維持に気を付けていらっしゃるのですね。

必ず朝食をとり、夕飯は18時までに済ませ、
お米は全て玄米というこだわりよう。

ジムに行ったり、食事に気をつけたり、
いろいろと大変そうです。

まとめ

テレビにも何度も出演したりと、
ますます顔が知られてきた五月千和加さん。

彼女のお陰で日本舞踊に興味を持つ人も多いようです。

スポンサードリンク
おすすめの記事