ブルゾンちえみさんが新たな仲間4人とともに、
新ユニットRoyal Flushを結成しました。

みんな音楽とダンスが好きという共通点を持っているとのことですが、
ブルゾンさんの好みなのか、4人とも見た目イケてますね。

ブルゾンさん人気で、Royal Flushの活躍も期待できそうです。

そこでメンバーの1人、矢内康洋さんについて詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

矢内康洋のプロフィール

生年月日:1995年11月12日

出身地:東京都

事務所:ワタナベエンターテインメント

身長:168cm

趣味:山登り

特技:ダンス
   ヒップホップ9年間、ジャズ5年間、バレエ2年間

好きなスポーツ:バドミントン

ワタナベエンターテインメントといえば、
イモトアヤコさんやネプチューンさんなど
数多くの芸人さんが所属している事務所です。

スポンサードリンク

矢内さんの現在とこれまでの出演作

「髑髏城の七人Season鳥」に出演中です。

2017年3月に豊洲にオープンしたばかりの
IHIステージアラウンド東京で上演されています。

「髑髏城の七人」は劇団☆新感線の代表作で、
花・鳥・風・月の4シーズンに分けられ、
各シーズンごとに脚本・演出・出演者も変えて連続上演されているものです。

阿部サダヲさん、森山未來さん、早乙女太一さん、松雪泰子さんほか、
豪華な役者陣です。

矢内さんはアンサンブルとして出演なので、
役名はありません。

ちなみにアンサンブルとは演劇用語でその他大勢を表し、
集団で歌ったり踊ったりする役です。

公演期間は2017年6月27日(火)~9月1日(金)まで。
全席指定で、S席13,000円、サイド席12,500円と、
なかなかいい値段となっています。

実際に矢内さんを舞台で見た人はこんな感想をつぶやいています。

踊っている姿がかっこよかったのでしょう。

2016年には岸谷五朗さん・寺脇康文さん主催の演劇ユニット・地球ゴージャスの14作目、
「The Love Bugs」にアンサンブルとして出演していました。

この当時矢内さんはワタナベエンターテイメントカレッジの在校生で、
大きな舞台初挑戦でした。

ワタナベエンターテイメントカレッジは、
映画、ドラマ、舞台などで活躍する人材を育成する学校なので、
矢内さんはここで実践教育を受けたのですね。

そして、同じ2016年には宮本亜門さん演出の、
ミュージカル映画「狸御殿」に出演しています。

狸御殿でも役名はなく、アンサンブルとしての出演だったと思われます。

2015年は、SHINeeの東京ドーム公演「WORLD in TOKYODOME」に
オープニングダンサーとして出演しています。

SHINeeは韓国のアイドルグループで
2014年に初めて東京ドーム単独公演を行っています。

まとめ

矢内康洋さんは特技のダンスを活かして、
ダンサーとして活躍されています。

ブルゾンちえみさんと新ユニットを組んで、
ますます注目を集めそうですね。

スポンサードリンク
おすすめの記事