2013年のAKBドラフト候補メンバーだった間島和奏(まじまわかな)さん。
今は「ラストアイドル」で、
本当のアイドルになるべく挑戦をしています。

色白で愛嬌のある笑顔がかわいい間島さんのプロフィールや、
ドラフト候補生だった頃のことをご紹介します。

スポンサードリンク

間島和奏のプロフィール

生年月日:2000年4月26日

出身地:北海道 東京都在住

身長:161センチ

得意なこと:百人一首

百人一首で学校の大会1位をとったほどの実力

趣味:ダンス 数学 正座 四白眼

三白眼とはよく聞きますが、
四白眼て言葉初めて聞きました。

調べてみると三白眼とは、黒目の上か下のどちらかに白目が現れる状態ですが、
四白眼とは、黒目の上下だけでなく左右にも白目が見える状態とのことです。

私は頑張っても四白眼どころか三白眼もできません。
四白眼が趣味でできるなんて、もはや特技とも言えるでしょう。

間島さんは小1からジャズやヒップホップなどのダンスを習っています。
そして小6から受験勉強を開始し、塾にも通って志望校に合格しています。

当時は塾と学校と家の往復だけだったようなので、
相当勉強に励んだことが推測できます。

どこの高校とは明らかにされていませんが、
難関の私立でしょうね。

百人一首で1位になったくらいですから、
記憶力もいいのでしょう。

ダンスにも切れがあるとのことで、
運動神経がよく、勉強もこなす才女といった印象です。

スポンサードリンク

AKBドラフト候補メンバーだったころ

間島和奏さんはドラフト候補生として約1ヶ月半を過ごし、
演技のレッスンや合宿、握手会、テレビの収録、CM撮影、新聞の取材、前座と、
いろいろな経験をしています。

AKBドラフト会議では残念ながら指名されませんでした。
たくさん学んできただけに悔しく残念だったと思います。

候補生の時の映像がこちら

このときはまだ13歳ですから、あどけなさが残っています。

ドラフト会議で指名されなかった悔しさをバネに
間島さんはラストアイドルに挑戦するのでしょう。

彼女は意気込みをこう語っています。

「200%(の実力を)出さないと生き残っていけない戦いだなと思いました」
「自分の(持っている力の)200%を出して頑張りたい」

本当に厳しい戦いが待ち受けていそうですね。
アイドルになるのに、生半可な気持ちでは乗り切れないということでしょう。

まとめ

間島和奏さんはこどものころからアイドルに憧れていたんですね。

ラストアイドルという番組で
アイドルになる夢をかなえることができるのか、
見守りたいです。

スポンサードリンク
おすすめの記事