毎年多くの観客で賑わう富山まつり。
おわら踊りやよさこい、オジサマーロックフェスなどなど、
色々な催し物があります。

よさこいを特に見たくて、行ってみることにしました。

スポンサードリンク

オジサマーロックフェスが熱い

2017年、8月5日土曜日の午後1時過ぎ、
富山城址公園に近い、市民プラザの駐車場に車を停めました。

この駐車場は屋内にあるので、車を炎天下に置いておかなくて済みます。
30分100円です。空きはたくさんありました。

城址公園の広場に行くと、オジサマーロックフェスが始まったところでした。

33度にもなる気温の中、青空の下椅子に座っている人はほとんどいません。

みんなテントの中や、木陰に座って見ています。
屋台もたくさん出ています。

ステージに近づいて見ると、大音量が胸に響いてきます。
オジサマーロックフェスには興味が無いので、
次は、城址公園東側広場に向かいます。

子どもたちがステージで踊っていました。

周りには屋台もいっぱい。
ブラック焼きそばや、かき氷、焼き鳥などいろいろ。

松川茶屋でかき氷

とにかく暑いので、広場のそばにある松川茶屋で一休みです。

ここからは遊覧船も出ています。
黒蜜きなこのかき氷を頼みました。

甘くて冷たく、体が涼しくなりました。
すぐ横が川なので、景色を見ながら食べました。

スポンサードリンク

よさこいを見学

そして、一番見たかったよさこいの時間です。

城址大通りを北から南へ、反対の車線では南から北へと
1チームずつ進んできます。

初めて近づいてきたチームを見ると女性ばかりだったので、
よさこいは女性が中心なのかと思っていると、
1人中年のおじさんが混ざっていてびっくり。

別のチームも女性が圧倒的に多いです。

みんな笑顔で楽しそうに踊っています。

チームごとに違う曲に合わせて、違った衣装で、違った踊りを披露します。

足元をよく見ると、足袋にスニーカーの靴底がついたようなものです。
足袋だけだと炎天下のもと暑くて仕方がないでしょうね。

旗(?)は持ち上げるのが大変そう。
持ち手は男性が圧倒的に多いです。

次から次へとよさこいチームがやって来ます。

城址公園側の沿道には椅子が用意されていますが、
日が当たるからか、空いている席が目立ちます。

木陰で見ている人がほとんどです。
でも人で混雑しているというのでもなく、
沿道にあちこち散らばっている感じです。

踊り手たちは終点に着くと、
みんな一斉に用意されている飲み物を飲んでいました。

衣装はみんな長袖なので、
出番を待っている人たちも暑そうです。

たくさんのチームのいろいろなよさこいを見て満足し、
もう一度オジサマーロックフェスの会場を見に行くと、
依然青空の下の椅子には座っている人はほとんどいませんでした。

3時頃駐車場に戻ると、空きはまだたくさんありました。

スポンサードリンク
おすすめの記事