せっかく買った大切な靴が下駄箱の中で型崩れしてしまっては
悲しくなるというもの。
高い靴だとなおさら長く持たせたいですよね。

そこでここではお金をかけないで、
家にあるものだけで靴を正しく保管する方法と、
靴の型崩れを防止する方法、下駄箱の消臭方法までご紹介します。

スポンサードリンク

靴の正しい保管方法とは

靴をきちんと並べて置くか、どちら向きに置くかは
あまり関係がありません。

大事なのは、履いた時のような状態で保管すること
型崩れしないように置くことが大切です。

靴を買ったときに靴箱に入っている薄紙や、
新聞紙、キッチンペーパーでもいいので、
薄い紙を丸めて、靴の中に入れます。

キッチンペーパーは湿気を吸うので、一石二鳥です。

スニーカーなどは履きなれてくると、
しなっとなってしまいますよね。

そのままの状態で保管しておいても、
当たり前ですが、勝手に立ち直ってはくれません(笑)。

靴に詰め物をして、形を保っておくことが、
正しい靴の保管方法になります。

簡単だし、お金もかかりませんよね。

靴の型崩れを防止するには家にあるもので簡単にできる

パンプスや紳士靴などの革靴は履き続けると、履き口を中心に広がります。
ですから、履き口の緩みを防がなければなりません。

で、その型崩れを防いでくれるものが、
割り箸なんです。

割り箸なら大抵どの家庭にもあるのではないでしょうか。
コンビニでお弁当を買ってもつけてくれますよね。

まず、新聞紙などの柔らかいものをつま先に入れ、
割り箸をつま先からかかとへと突っ張らせて入れます。
靴が反らない程度に伸ばすことが大切です。

こうして型を維持できます。

何もシューズキーパーなんて洒落たものを使う必要はないんです。

下駄箱の匂い消しにはあれで

靴の家とも言える下駄箱。
そこが臭かったら、靴もかわいそうです。

大切な靴を保管するなら、
下駄箱もきれいにしておきたいですね。

そこで下駄箱の消臭方法です。
これも至って簡単。

新聞紙を靴の下に敷きます。
新聞は嫌な匂いを抑えてくれるんです。

あと、せんべいの袋などに入っている乾燥剤
湿気を吸ってくれるのでこれも一緒に置いておきます。

新聞紙と乾燥剤の2つ。
これを季節の変わり目に取り替えれば一年中消臭・湿気取りができます。

まとめ

靴の正しい保管も型崩れ防止もちょっとした手間で
簡単にできます。
大事なあなたの靴を守りましょう。

ちなみに私、ふだんは4~5000円ほどの靴しか履かないのですが、
ある時買った8000円ほどの高い靴、
もったいなくて数回履いただけで靴箱にしまっておいたところ、
何年も経ってから取り出してみたら、靴底がボロボロと崩れました(涙)。
こんな風に靴って壊れるんだとびっくりしました。

スポンサードリンク
おすすめの記事