今回は泊りではなく、日帰りで上高地に行った時の話。上高地には車で乗り入れることができないため、平湯駐車場に車を止めてバスに乗り換えて行った。

スポンサードリンク
8月のお盆休みの間で天気のいい日を選んだ。日帰りだと天気を見ていけるのでいい。本当は前年に行きたいと思ったのだが、天候がよくなくて断念していたのだ。

上高地に着き少し歩くと河童橋。河童橋の向こうには雄大な穂高連峰がそびえ、絵になる景色だった。

まずは大正池のほうへ歩いて行った。道はコンクリートで歩きやすいところと、そうでないところがあった。大正池には立ち枯れの木が生えていて、不思議な光景だった。

帰りは川の反対側を通って歩いた。水は澄んできれいだった。椅子に座ってお弁当を食べている人が多かった。

河童橋の近くにある食堂に入ってお昼を食べることにした。そこで松本名物の山賊定食を注文。鶏肉を揚げ焼きした料理だ。値段は高めだがおいしかった。

食堂の近くには水が出ているところがあり、水を飲むため行列ができていた。

お腹がいっぱいになったけど、まだ時間があったので大正池とは反対方向の明神池まで歩くことにした。明神橋から眺める景色もきれいで歩いてきたかいがあった感じ。

明神池は穂高神社奥宮の神域にあるので、拝観料が必要だった。人によっては何か感じるらしい。私は何も感じなかったけど。

天気が良くきれいな景色を眺めながら歩くのは気持ちがよかった。全部で往復3時間は歩いただろうか。

河童橋に戻ると午前中よりもずっと人が増えていた。上高地はどこを歩いてもごみ一つ落ちておらず、本当にきれいなところだった。掃除している人がいるのかな。きれいだと観光客も汚しにくいだろう。今まで行った観光地の中で一番きれいな場所かもしれない。いいところだ。

バスに乗って平湯の駐車場に戻ると、トイレの近くの自動販売機には温かい飲み物が半分くらいあった。8月だと平地はどこも冷たい飲み物しか販売されていないが、ここは標高が高いから夏でも涼しいので温かい飲み物が置いてあるのだろう。

平湯にはひらゆの森という温泉施設があり一度行ったことがある。日帰りは500円で、大浴場と露天風呂がいくつもある。白濁したお湯だ。食事処もあり、一日ゆっくりできる。上高地の後に寄るのもいいかもしれない。ひらゆの森に行った帰りに日本の滝100選に選ばれた平湯大滝も見に行った。両親は以前見たことがあると言うので、駐車場に車を止め、歩いて一人で見に行った。滝の近くには足湯もあったが、誰も来ていなかった。

スポンサードリンク
おすすめの記事