2017年で29回目となる「市川三郷町ふるさと夏まつり 神明の花火大会」は山梨県で最大級の花火大会です。花火を見に行きたいけど、大混雑が苦手な人に、花火がきれいに見える穴場や駐車場、場所取りの時間をご紹介します。

スポンサードリンク

神明の花火大会2017の概要

引用 https://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0419e00910/

【日時】平成29年8月7日(月)荒天の場合8日、9日に順延(雨天決行)
19:15~21:00(天候により変更あり)
【場所】三郡橋下流笛吹川河畔

【電車】JR身延線市川大門駅から徒歩10分
【車】中央自動車道甲府南IC~国道140号経由 通常約20分
中部横断道増穂ICより通常約5分
【駐車場】会場周辺に、23箇所 約4,300台
【打ち上げ数】約2万発
【例年の人出】約20万人

スポンサードリンク

神明の花火の穴場

市川公園の近く 市川三郷町の広域農道
市川公園も臨時駐車場になっているので、ここに車を停めることができます。駐車台数は50台で、トイレもあります。

公園から14分くらい歩いた農道から花火がよく見えます。道路は駐停車禁止なので、必ず公園から歩いて行きましょう。下の地図の赤い印あたりです。

ここも夕方には人が多くなるので、早めに行きましょう。ちなみに市川公園からは花火は見えません

市川大門駅と市川本町駅から徒歩約15分なので、電車で来た人でも行けます。

アピタ田富店
会場からは大分離れますが、屋上の駐車場から花火がきれいに見えます。トイレが近くにあるのが便利です。

駐車場は1700台、閉店時間は21時なので最後まで花火を見られます。
住所 山梨県中央市山之神1383-9

湯沢公園
南アルプス市にある公園で、10台ほど停められる駐車場とトイレがあります。ここも会場からは離れていますが、下のほうで上がる花火も見えます。18時ごろに行ってもあまり人がいません。
住所 山梨県南アルプス市湯沢2047

湯沢公園から見た神明の花火の動画があるのでよろしければどうぞ。

会場の場所取りは何時まで?

会場は午前中から場所取りが始まります。当然周辺の道路は大渋滞です。遅くても午後4時くらいには会場に到着しておいたほうがいいです。

駐車場は少しでも会場の近くがいいと思うかもしれませんが、近くに停めたら、帰りが大変です。最寄りの高速ICに着くまでに相当時間がかかります。

会場の近くの駐車場に停めるより、少し離れた身延線の駅に停めて電車で移動するほうがいいかもしれません。花火大会当日は臨時列車も出ます。ただし、列車も甲府駅から混雑するので、往復の切符を買っておきましょう。

まとめ

花火は会場で見たほうが迫力がありますが、人がすごいので混雑が苦手な人には敬遠したくなるでしょう。少し離れたところなら、人も少なく帰りも楽です。

スポンサードリンク
おすすめの記事