大井川大花火大会の花火は大井川の両岸で打ち上げられます。それにより、金谷側と島田側のどちらからも花火を見ることができます。では、どちらで見るほうがよりいいのでしょうか。金谷側と島田側の比較、駐車場、穴場をまとめています。

スポンサードリンク

大井川大花火は金谷側と島田側ではどっちがいいの?

引用 https://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0622e01025/

それぞれの最寄り駅である、JR「金谷駅」と「島田駅」から河川敷まではどちらも徒歩20分です。駅から歩いて同じ距離なら自分に都合がいい駅で降りようという人も多いでしょう。

あえて両方を比較すると。

島田側の河川敷のほうが広いので、ゆっくり見られます。しかも、花火は島田側のほうが大きいのが多く、多少豪華さがあります。しかし、金谷側も最後は圧倒的にすごい花火が打ち上がります。

結局どちらがいいかと言えば金谷側も島田側も大差がないように思えます。迷ったら、風向きで判断してはどうでしょうか。風下だと花火の煙が流れてきて花火が全く見えなくなることもあります。

どちらにしよ、川下は煙でぼやけるので川上で見るのをお勧めします。シートは忘れずに持って行きましょう。

スポンサードリンク

駐車場はあるの?

大井川河川敷の両岸に無料駐車場がそれぞれ1000台ずつ用意されています。駐車場から花火打ち上げ場所が近いのは楽ですね。

帰りの河川敷の混雑を考えて、駅に停めたい人もいるかもしれませんね。しかし、金谷駅のほうは10台停められる駐車場が一つあるだけで、20時までなので花火を最後まで見られません。島田駅の近くには大きい駐車場から小さい駐車場まで何ヵ所かあります。一番大きいのが「タイムズ島田駅北パーキング」で、128台停められます。

島田駅周辺の駐車場を見る

大井川花火の穴場

牧之原公園
牧之原大茶園の一角にある公園で、島田市を一望できます。また、ここからの夜景は「日本夜景遺産」に登録されています。花火は少し遠いですが、全体を見渡せます。

牧之原公園には10台分の駐車場がありますが、花火当日は利用できません公園前の道路も18時半~21時半まで車両通行止なのでご注意ください

金谷駅からは徒歩20分なので、歩いて行くことも可能です。近くには「ルイジアナママ」というスパゲッティのお店があるので、ここで夕食を食べて花火を待つというのもいいですね。
住所 島田市金谷富士見町1701-1

中條景昭像公園
中條景昭の像が建っている公園で、島田市街を見渡せる高台にあります。ここからの夜景もきれいです。牧之原公園ほど広くはないですが、あまり知られていないので、牧之原公園より人は少ないです。トイレ、駐車場もあります。
住所 島田市阪本谷口上
島田駅から徒歩で45分
車で14分

静岡空港展望デッキ
下のほうの花火は見えませんし、飛行機が邪魔になることがありますが、見学者もけっこう来ています。
無料駐車場 約2,000台
住所 牧之原市坂口3336番地4

静岡空港からの花火の見え方は下の動画で確認できます。 

まとめ

大井川大花火大会は河川敷まで車で行けるのがいいですね。屋台は少ないので、飲食物は事前に用意しておいたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク
おすすめの記事