毎年8月の第1土曜日に開催される「岡崎城下家康公夏まつり花火大会」は2017年で第69回を迎えます。50万人もの人が訪れる人気の花火大会ですが、車で会場まで行きたい人が気になるのが駐車場ですね。そこでここでは臨時駐車場、穴場駐車場情報と駐車場に何時まで行ったらいいのかについてまとめています。

スポンサードリンク

岡崎城下家康公夏まつり第69回花火大会の臨時駐車場

引用 https://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0623e00796/

花火会場には駐車場がありませんが、会場の近くにいくつか臨時の無料駐車場が設けられています。以下は会場に近い順です。

明神橋公園
住所 岡崎市上六名一丁目14番地
350台 10:00~23:00
岡崎公園まで徒歩16分

岡崎市役所西
住所 岡崎市十王町2丁目9番地
250台 10:00~23:00
岡崎公園まで徒歩18分

岡崎市役所東
住所 岡崎市両町1丁目43番地
270台 10:00~23:00
岡崎公園まで徒歩21分

竜美丘会館
住所 岡崎市東明大寺町5番地1
90台 17:00~23:00 ここだけ時間が違うのでご注意ください。
岡崎公園まで徒歩28分

岡崎中央総合公園
住所 岡崎市高隆寺町字峠1
1500台
東名岡崎ICから約10分
岡崎公園から6キロ 

明神橋公園や市役所の駐車場は会場に近いため、帰りの国道1号線と国道248号線が大渋滞し、なかなか進みません。渋滞を避けるなら会場から離れた岡崎中央総合公園をお勧めします。花火は遠くなりますが、駐車台数が1500台と多めですし、東名で来られる人には移動が楽です。

それでも花火が近くで見たいなら午前中には駐車場に来る必要があります。お昼を過ぎると渋滞が始まり、駐車場を探すのが難しくなります。臨時駐車場以外にも岡崎公園の近くには有料駐車場がたくさんあるので、そちらを利用するのもいいでしょう。

スポンサードリンク

花火会場近くの穴場駐車場

康生パーク
住所 岡崎市材木町1丁目20
収容台数 163台
24時間営業
料金 7:00~22:00 30分 100円 22:00~7:00 30分 50円
岡崎公園まで徒歩7分

タイムズ岡崎ウィズスクエア
住所 岡崎市康生通西3-15
収容台数 122台
24時間営業
料金 8:00~22:00 60分 200円 22:00~8:00 60分 100円
最大料金 駐車後24時間 600円
岡崎公園まで徒歩4分

岡崎市篭田公園地下駐車場
住所 岡崎市籠田町68
収容台数 101台
24時間営業
料金 7:00~22:00 30分 100円 22:00~7:00 30分 50円
最大料金 駐車後24時間 1500円
岡崎公園まで徒歩10分

名鉄協商東岡崎PB 
住所 岡崎市明大寺町字耳取21-3
収容台数 402台
24時間営業
料金 全日 00:00~24:00 30分 100円
最大料金 全日 24時間 1300円
岡崎公園まで徒歩18分

その他の岡崎公園周辺駐車場はこちら

まとめ

岡崎夏祭り花火大会終了後は、国道の渋滞が解消されるまで2時間ほどかかります。花火を最後まで見るなら渋滞は避けられませんが、渋滞が嫌なら少し早めに切り上げるのがいいと思います。

スポンサードリンク
おすすめの記事