今年で第69回となる猪名川花火大会は昭和23年から続く歴史ある夏の風物詩です。大阪府池田市と兵庫県川西市の合同で開催している珍しい大会でもあります。ここではその概要や場所、駐車場、最寄り駅などについてまとめています。

スポンサードリンク

猪名川花火大会の概要

引用 http://www.city.kawanishi.hyogo.jp/shokai/kisetu/hanabi.html

日時 8月19日(土) 19:20~20:20 荒天時は8月20日に延期
打ち上げ場所 猪名川河川敷
玉数 4000発
花火の大きさ 最大4号玉
屋台 池田会場と川西会場に合計約350店
昨年の人出 約11万4千人

池田会場と川西会場ではどちらがいいの?

池田、川西とも第1(北側)、第2会場(南側)があり、川西第1会場は当日午後4時30分開場、第2会場は一部当日朝開場で、ブルーシートなどでの事前の場所取りは禁止されています。有料の観覧席はありません。

池田側、川西側のどちらからでもよく見えますが、打ち上げ筒があるのは池田会場なので、池田会場のほうが迫力があります。

第1会場は駅から近いこともあり大変混雑します。混むのが嫌なら駅から少し遠い第2会場は比較的空いており、打ち上げ場所にも近いのでお勧めです。しかも、開始30分前でもいい場所が空いています。

また、阪急では梅田~池田間で毎年キリンビア列車が運行されており、池田駅の引き込み線で車内から花火を鑑賞できるようになっています。お弁当、飲み物付きで、大人4000円、小児2000円、定員150人。事前申し込みが必要です。
お問い合わせ 0570-089-500

スポンサードリンク

最寄り駅と駐車場は?

最寄り駅
阪急宝塚線 川西能勢口駅または池田駅から徒歩約10分。
JR福知山線(宝塚線)川西池田駅から徒歩約15分。

会場付近には駐車場がありません。 駅周辺の駐車場を利用してください。

阪急池田駅周辺の駐車場で収容台数の多いところ

NPC24H池田パーキング

住所 大阪府池田市姫室町1-2
営業時間 24時間
収容台数 103台
料金 全日 8時~22時 20分 100円 22時~8時 60分 100円
最大料金 24時間毎 800円

タイムズダイエー池田駅前店第2

住所 大阪府池田市満寿美町3-10
営業時間 24時間 
収容台数 153台
料金 全日 8:00~21:00 60分 300円 21:00~8:00 120分 100円
最大料金 8:00~21:00 800円

その他の阪急池田駅周辺駐車場はこちら

 JR川西池田駅・阪急川西能勢口駅周辺の駐車場で収容台数の多いところ

アステ川西駐車場

住所 兵庫県川西市栄町25-1
営業時間 10:00~22:00
収容台数 320台
料金 1時間 400円 以降30分毎 200円

NPC24Hビッグボックス川西パーキング

住所 兵庫県川西市中央町3-12
24時間営業
収容台数 619台
料金 20分 100円 最大料金 24時間毎 700円

228パーキング 

住所 兵庫県川西市栄根2丁目6-32
24時間営業
収容台数 216台
料金 7:00~21:00 15分毎 100円 21:00~翌7:00 2時間毎 100円 最大料金 入庫後24時間以内 1200円

その他のJR川西池田駅・阪急川西能勢口駅周辺駐車場
 

駅周辺の駐車場は大渋滞になります。16時くらいまでなら空いている可能性があるので、早めに行きましょう。

なお会場付近(川西・池田側)は、午後6時ごろから午後10時ごろまで交通規制があります。午後7時ごろから10時ごろまで阪神高速道路11号池田線の池田分岐から、池田木部まで通行止めです。

まとめ

人出が多い割には遅めに行ってもいい場所が空いています。車で行くなら交通規制の時間や駐車場の混雑を考えると、16時くらいには駅の近くに来ておきたいところです。女性用のトイレは混むので、駅で済ますか花火が始まる直前は避けましょう。

スポンサードリンク
おすすめの記事