音楽プロデューサーの小室哲哉さんが
シングルマザーの看護師と不倫していたとの文春砲を受けて
会見を開き、引退を表明しました。

不倫疑惑が出たから、引退を決意したかのようですが、
それは一つのきっかけにしか過ぎませんでした。

小室さんが引退する理由は
いくつものことが重なったためでした。

ここでその真相をまとめました。

スポンサードリンク

小室哲哉引退の真相

妻・KEIKOの介護疲れ

小室さんの妻KEIKOさんは39歳の時
くも膜下出血で倒れ、手術を受けました。

KEIKOさんはリハビリ中で、
小室さんは献身的な介護を続け
闘病生活は7年にもなります。

小室さんは会見でKEIKOさんが
高次脳機能障害だと明かしました。

KEIKOさんは
音楽にも興味がなくなってしまった
女性というよりは女の子になった
というのです。

そして
大人の女性としてのコミュニケーションが
日に日にできなくなってきた」と。

正常な会話ができる時が年に数回だけ。

KEIKOさんと以前のような会話ができなくなり、
何をしても「ありがとう」と言ってもらえないと。

KEIKOさんが少しでもうよくなっているのがわかるなら
介護しててもやりがいがあるのでしょうが、
先が見えず、疲れ果ててしまったのですね。

小室の体調不良

小室さんは2年前にC型肝炎になり、
その副作用で突発性の難聴になり、
現在でも耳鳴りが続いていると言います。

耳鳴りはストレスが原因らしいです。

介護や仕事のストレスが
相当あったのではないでしょうか。

耳鳴りがあると、音楽作りをするには
差し障りがあるでしょう。

仕事の納期も遅れがちだったといいます。

全盛期の時のような仕事ができなくなり、
心配や不安が生まれてきたのですね。

介護と仕事を両立するのに
去年の8月には限界を感じていて、
60歳の定年を意識していたようです。

そこへ不倫疑惑の文春砲が出て、
それが引き金になったのですね。

引退が頭にちらついていた時だったので、
不倫騒動のけじめをつけるために
すんなり引退を決意したのでしょう。

もし不倫報道がなければ
まだ音楽活動はしていたのかもしれませんが、
それも時間の問題だったのでしょう。

スポンサードリンク

看護師との不倫疑惑

小室さんは看護師に好意を持っていたとしながら、
男女の関係というのは全く考えてない」と言いました。

これだけ聞くと、本当かなと疑いたくなりますが、
普通の男性としての能力というのがない」とも言っています。

ということは本当に男女の関係はなかったのでしょう。

でも疑われるような行為をしてしまったので、
引退で責任を取ることにしたのですね。

介護疲れと体調不良と仕事への自信喪失と
不倫騒動

いくつもの原因が重なって
引退となったのだと思います。

まとめ

「小室哲哉さん、引退しないで」という声もありますが、
小室さんも介護などで辛いのでしょう。

文春砲は引退のきっかけとなりましたが、
以前から考えていたのですね。

スポンサードリンク
芸能の関連記事
  • 内田有紀の結婚と離婚、現在の彼氏まとめ
  • スコッティジェームズのイケメン画像まとめ!彼女についても調査
  • 林田理沙アナがかわいい!彼氏や身長は?
  • 濱田祐太郎は彼女いる?盲目の漫談ネタがおもしろい!
  • カニササレアヤコの会社はどこ?本名や芸名の由来も!
  • あさイチ新司会に華丸大吉!起用の理由に納得
おすすめの記事