今年もゴールデンウィークが近づいてきました。この時期富山県で有名な観光地の一つが砺波のチューリップフェアです。

スポンサードリンク
2017年のチューリップの見ごろはいつごろか気になるところですよね。そこでここではチューリップの見ごろの時期と砺波の周辺観光、おすすめの食事処の情報も併せてご紹介します。

2017年の砺波のチューリップ 見ごろや開催期間

チューリップ公園では700品種300万本のチューリップが見られます。チューリップフェアが開催されるゴールデンウィークに見ごろとなるように、ネットで花壇を覆い開花の時期が調整されます。ですから、ゴールデンウィーク期間中に来園すればちょうど見ごろのチューリップが見られるわけですね。混雑を避けようと早めに来てもまだ満開ではないと思われれるので、チューリップを満喫するにはやはりゴールデンウィーク期間中がおすすめです。また、フェアが終わるとチューリップは刈られてしまうので、ご注意ください。

今年は4/21(金)~5/5(金)開催で、時間は8:30~17:30までとなっています。(最終入園は17:00)*4/11(火)~4/20(木)、5/6(土)~5/8(月)は仮設物等の準備及び撤去作業のため休園となりますのでご注意ください。

入園料は大人1,000円、子ども300円 前売り券は4月20日(木)までなら100円引きで購入できます。4月21日以降も前売り券は購入できますが当日券価格になります。5月5日のこどもの日は小人無料です。ペットは不可です。

前売り券の主な販売場所は以下の通りです。
イオンモールとなみ店・イオンモール高岡南店・イオン高岡店
チケットぴあ Pコード:990-622 (サークルKサンクス、セブンイレブン等)
ローソン Lコード:52347
eプラス(スマチケ対応可)(ファミリーマート等)
ポプラ(富山県、石川県のみですが、富山県内にはあまりないコンビニです)
道の駅 メルヘンおやべ、道の駅 庄川(エントランス庄川)、道の駅「砺波」観光案内所
有磯海SA(上り)、呉羽PA(上り)、小矢部川SA(下り)、不動時PA(下り)、ひるがの高原SA
チューリップ四季彩館内 ミュージアムショップ

ゴールデンウィーク期間は大変な混雑が予想されるので、前売り券を買っておくことを強くお勧めします。開演前に来て駐車場にすぐ入れたとしても、券売機の前には長い行列ができています。チューリップ公園のどこからでも見えるチューリップタワーにも上る人の行列ができるので、できれば早めに行ったほうがいいでしょう。タワーからは園内が一望出来る素晴らしい眺めを見られます。毎年違った地上絵もあるのでぜひ上からの景色もご覧ください。

チューリップ公園は東京ドーム3倍の広さなので、人が多くてもゆっくり鑑賞できますが、端から端まで歩くとかなり疲れるでしょう。入場口のところに数台の車いすの貸し出しがあるので(無料)、長時間歩くのがつらい高齢者の方が利用されるのもいいと思います。

園内にはブラックラーメンなどご当地ものの屋台がたくさん出るので、食事も楽しめます。滑り台などの遊具もあるので、こどもさんがチューリップに飽きてきた時にはいいですね。

駐車場や駐車料金は?

チューリップ公園の駐車場は3700台止められて普通車は500円です。近くには臨時駐車場もたくさんあるので止める場所に困ることはないでしょう。北陸道砺波インターチェンジからは車で約5分、砺波スマートインターチェンジからは約7分ですが、砺波インターチェンジは大渋滞が予想されるので、砺波スマートインターチェンジで降りたほうがいいと思います。

チューリップフェア公式ホームページはこちら 

チューリップフェアに行った時の詳細はこちら

砺波散居村やチューリップクルーズも

砺波には屋敷林に包まれた家々が、平野一帯に点々と散らばる散居村という集落があります。156号線を南に走り県道25号線を経由して、県道346号線を走ると散居村展望台があり、駐車料金は無料です。夢の平スキー場のすぐ近くで、チューリップ公園からは約30分です。

駐車場から階段を上がると砺波平野の散居村が一望できます。田んぼに水が張られている5月、夕日が反射する時間帯は特にきれいな景色が見られます。普段街中に住んでいる人にとっては新鮮な光景かもしれません。

また、チューリップ公園から156号線を南に走り約30分のところに、庄川峡を遊覧できる船が出ています。4月21日から5月5日のチューリップフェア開催中には、チューリップクルーズがあります。期間中は1日6便の運航で、25分間です。

大人1000円、小人500円、フェアのチケット提示で乗船料金2割引で、5月1日から5日は小学生以下無料です。予約は不要です。

出航時間 9:50 11:20 13:20 13:50 14:20 15:20 庄川遊覧船についてはこちら

ちょっと日帰り入浴がしたいなら砺波インターチェンジのすぐ近くに湯来(ゆらら)という天然温泉があります。炭酸泉や蒸気風呂、足つぼ湯などお風呂の種類が豊富で、岩盤浴や食事処もあります。特に蒸気風呂は薬草の香りがして足をお湯につけながら入れるサウナなので、すごく気持ちがいいです。

朝10時から夜0時まで、大人850円、子ども(3歳以上)300円です。湯来楽に行くには156号線の太郎丸交差点を南に向かって右折し、砺波インターチェンジ入口を過ぎて一つ目の信号大辻を左折。北陸道の下をくぐってすぐ左折し、パチンコダイナムの横を曲がりアンバーと言うラブホテルの横を左折するとホテルの横にあります。間違えてホテルの入り口には入らないようにしましょう。(間違えたのは私くらいか )
湯来楽の公式ホームページはこちら

チューリップ公園近くのおすすめの食事処

〇タベタリーナ

城端線の線路沿いにある、フランス、イタリア料理が手ごろな値段で食べられる人気店です。 地元農家の野菜や新鮮な魚介がふんだんに使われていて、女性が多く来る店です。

ランチ・カフェタイム 11:30~17:00(14:30~17:00はカフェタイム)
ディナータイム 17:30~22:00
月曜定休 祭日の場合は火曜日
電話 0763-23-6092
住所 砺波市中村146-1

〇洋食・カフェ 梟

チューリップ公園からすぐ近くの広い道沿いにあります。 人気のある洋食屋で、大人からこどもまで楽しめます。

火~金 11:00~21:30 土・日・祝 11:00~22:00
月曜定休
電話 0763-34-1300
住所 砺波市鍋島130

どちらも人気店のため、予約してから行くことをお勧めします。

〇農家レストラン 大門

築120年の伝統家屋アズマダチで砺波の伝承料理が食べられます。 大門そうめんや庄川のゆずなど地元の特産物を使った郷土料理です。 アズマダチとは正面玄関側が大きな屋根の切妻造りで、白色漆喰に格子状の柱が入っているのが特徴で、下の写真のような家です。

天井が高く、開放的な雰囲気です。
昼の部 11:00~14:00(10名以上の団体は要予約)
夜の部 17:00~22:00(夜の部はすべて要予約)
定休日なし
電話 0763-33-0088
住所 砺波市大門165          

 

まとめ

砺波チューリップフェアはゴールデンウィークが一番チューリップをきれいに見られます。混雑を避けたいなら早朝に来るか、平日に来るかになります。チューリップはいろいろ見せ方が工夫されており、コンサートや体験コーナーもあるのでゆっくり楽しめると思います。

スポンサードリンク
観光情報の関連記事
  • サンシャイン水族館の全面開館はいつで、魚の入手先はどこから?
  • 宇都宮聖花(三陸鉄道運転士)の乗務日や時間まとめ
  • 高岡駅周辺の安い駐車場9選。高岡市民が写真とともにご紹介
  • キョンが見られる動物園。食べたらどんな味?
  • 富山まつりのよさこいを見てきた感想
  • 高岡七夕まつり2017に行ってきた感想
おすすめの記事
私の家族旅行記
北海道に行った翌年は沖縄に行くことにした。一度は行ってみたかった沖縄。私は海が好きなので沖縄のきれいな海が見たかったのだ。 スポンサードリン...