木幡育也騎手が日本中央競馬会競馬施行規程により、
騎乗停止処分を受けました。

競馬の公正確保について
ふさわしくない非行のあったとされます。

木幡騎手は今年9月にも、
薬物使用の検査で対象薬物である利尿剤「フロセミド」が検出され、
1ヶ月間の騎乗停止になっていました。

今回はどんなふさわしくない非行があったのでしょう。

スポンサードリンク

1回目の騎乗停止は薬物で

木幡騎手は今年9月、中山競馬のレースで
騎乗した後に受けたドーピング検査で、
対象薬物として指定されている利尿剤「フロセミド」が
検出されました。

利尿剤を使用したのは落馬の影響による、
むくみを取るためだったようです。

事前の申告をしなかったため、
JRAの規定に触れたのでしょう。

30日の騎乗停止になりました。

利尿剤がなぜ対象薬物になるのか不思議な感じですが、
他の薬物を排泄する作用があるのです。

他の薬物と一緒に飲めば、
証拠が消えるため、禁止されているのですね。

2回目の騎乗停止の理由

木幡騎手は、1回目の騎乗停止から
わずか3ヶ月しかたっていないのに、
また同じ停止処分を受けました。

今回も前回と同じ、
日本中央競馬会競馬施行規程第147条第20号による処分です。

前回は薬物による処分と報道に出ましたが、
今回はなぜか出ていません。

隠す理由があるのでしょうか。

また対象薬物を飲んだのなら
そう報道するでしょう。

しないところを見ると、
別のふさわしくない非行を行ったものと思われます。

山崎亮誠騎手が騎乗停止になった理由も謎

2014年には、山崎亮誠騎手が
147条第20号に該当するとして、
裁定委員会が決定するまで
騎乗停止処分になりました。

山崎騎手のときも非行の具体的内容は、
明らかにされませんでした

公にできないようなことをしたのでしょうか。

その後、山崎騎手は自ら騎手免許の取り消しを求め、
騎手として終わりました。

木幡騎手も薬物以外のことに絡んでいそうですね。

スポンサードリンク

兄の木幡巧也も問題が

木幡育也さんの兄・木幡巧也さんも騎手ですが、
制裁点数が多く、デビュー年の2016年に
すべての騎手の中で最多の制裁点を取り、
再教育も受けています

荒っぽい騎乗が多いのでしょうか。

兄弟そろってよくないことで目立ちますね。

まとめ

木幡育也騎手は今回、騎乗停止の期間が
まだ発表されていません。

期間もわからず、理由もわからないとあっては、
何か重大なことをしてしまったのかと
感じます。

まだ未成年なので、飲酒も考えられますが、
それなら隠さず発表しそうです。

スポンサードリンク
スポーツの関連記事
  • 日本女子カーリングのおやつタイム動画まとめ!
  • イブ・ミュアヘッドは美人だけど劣化した?画像まとめ
  • 小平奈緒平昌オリンピック後の試合日程!
  • 橋本壮市が滞在させた知人て女性?倫理規約違反とは!
  • 小平奈緒の髪型が非対称でも似合っている!美容院はどこで?
  • 日本女子カーリングのコーチがイケメン!名前や経歴を調査!
おすすめの記事