大リーグ移籍を目指していた日本ハム・大谷翔平投手が、
エンゼルスと合意したことがわかりました。

代理人によれば大谷さんは
エンゼルスとの強いつながりを感じ、
メジャーでの目標を達成するのに最適なチーム
だと判断したそうです。

エンゼルスとの強いつながりとは何なのでしょうか。
契約金や背番号はどうなるのでしょう。

スポンサードリンク

大谷翔平のエンゼルス移籍決定まで

大谷翔平さんは11月からロサンゼルスで、
移籍に向けて準備をしてきました。

書類審査を通過したジャイアンツ、ドジャース、
レンジャーズ、カブス、マリナーズ、エンゼルス、
パドレスの7球団と面談し、
エンジェルスに決まりました。

ツイッターを見ると大谷さんがエンゼルスとは、
意外だと思った人が多かったです。

契約金は2億7千万円と見られます。

エンゼルスとのつながりとは

エンゼルスは指名打者制があるので、
大谷さんは投打で活躍できます。

大谷さんにとって、日本と同じように
二刀流ができることが重要だったのです。

エンゼルスとのつながりを感じたのは
エンゼルスが二刀流が実現できる球団で、
自分の目標を達成するために最も最適な球団だと
感じたからなのでしょう。

エンゼルスとはこんな球団

エンゼルスの元の名称は、
「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」で、
カリフォルニア州アナハイムを本拠地としています。

アナハイムはディズニーランドがあるところなので、
聞いたことがある人も多いでしょう。

エンゼルスは1961年に誕生し、
1979年に初めて地区優勝をしました。

そして2002年に初めてワールドチャンピオンになりました。
球団創設42年目のことでした。

頂点にたつのにかなり時間がかかりましたね。

その後は2004年から2009年にかけて
5度の地区優勝を果たし
しばらく優勝から遠ざかりましたが、
2014年、5年ぶりに地区優勝を果たしました。

以後、ワールドチャンピオンはもちろん、
地区優勝からも離れています。

エンゼルスにはこれまで日本人選手では、
長谷川滋利投手松井秀喜外野手
高橋尚成投手が在籍していました。

現在は日本人選手はいません。

スポンサードリンク

背番号はどうなる

大谷翔平さんの背番号は、
日本ハムでは11番でしたね。

エンゼルスでは何番になるのか
気になっている人も多いでしょう。

エンゼルスでは11番が永久欠番になっています。
ほかにも、26、29、30、42、50があります。

11番は遊撃手で監督だった、ジム・フレゴシが
つけていました。

だから11番はないでしょうかね。

まとめ

優れた選手がみな大リーグにいってしまうのは
残念な気がします。

日本に戻ってまた、活躍する選手もいるので、
大谷翔平さんも大リーグで活躍して、
また日本に戻ってきてもらいたいものです。

 

スポンサードリンク
スポーツの関連記事
  • 小平奈緒平昌オリンピック後の試合日程!
  • 橋本壮市が滞在させた知人て女性?倫理規約違反とは!
  • 小平奈緒の髪型が非対称でも似合っている!美容院はどこで?
  • 日本女子カーリングのコーチがイケメン!名前や経歴を調査!
  • 藤澤五月は韓国語が得意?語学力を調査!
  • 藤澤五月がかわいい!画像と彼氏の情報まとめ
おすすめの記事