2019年4月30日に天皇陛下が退位されることが決まりました。

現在の皇太子さまは翌日の5月1日に即位され、
改元となります。

そこで、政府は5月1日を臨時の祝日か、
休日にすることで検討しており、
祝日法に基づいて前後の平日も休日にできるため、
4月27日から5月6日までの10連休となります。

しかし、休みが増えても喜ぶ人ばかりではありません。
中には迷惑だと思っている人もいます。

10連休は必要なのでしょうか。

スポンサードリンク

国民の祝日は増えてきている

これまでも少しずつ祝日は増えてきました。

最近では2016年から8月11日が「山の日」に制定されました。

山に親しむ機会を得て、
山の恩恵に感謝する」という趣旨ですが、
この日が山に関して何か意味があるわけではありません。

その前が1996年の7月20日に
制定された「海の日」です。

海の恩恵に感謝するとともに、
海洋国日本の繁栄を願う」のが趣旨ですが、
後に第3月曜日に変更となり、
20日に何らかの思い入れがあったとは、
感じられません。

「海の日」は「ハッピーマンデー」という、
よくわからない名前の制度によって
月曜日が祝日になりましたね。

国民の祝日は年間16日あります。

政府が10連休にしたがる理由

今回政府が休みにしたがっている5月1日は
皇太子さまの即位日です。

1日が休みになれば、新天皇の即位を
国民あげて祝うことができます

天皇の即位なんて一生のうち
1回か2回くらいしか見られないでしょう。

日本国民は皇室行事が好きな人が多いので、
テレビで新天皇の即位の儀式が生中継されると、
こぞって見るでしょう。

私だって見たいです。特別ですからね。

国民みんなで祝えるようにという理由以外にも
改元による国民生活への影響を抑えられる
のがあります。

大手企業は製品やサービス、システムはほとんど西暦で、
大きな影響はないと言われますが、
元号を使っている企業もあるので、
業務量の少ない休みに改元すれば、
混乱が少なくなるとされます。

一応国民のことを考えての5月1日の休みでしょう。
あるいは議員は休みを増やして楽をしたいのでしょうか。

スポンサードリンク

国民の反応は賛否両論

私が想像したとおり、10連休になることに
喜んでいる人とそうでない人がいます。

まずは賛成という意見がこちら

そして反対という意見は

確かにサービス業の人は休めないですね。

お店に勤務している人とか、
鉄道の運転手さんとか、
休日は関係ないですからね。

10連休が「地獄」とは、
つらい感情が伝わってきます。

日給で働いている人にとっては、
休みが増えると給料が減りますから、
生活に関わってきます。

休みたくなくても休めと言われるのですから、
10連休はいらない人も多いようです。

まとめ

私が子どもだったら、
手放しで10連休を喜ぶのでしょうが、
仕事をしている身にとっては、
そんなにありがたくはありません。

それよりも分散して祝日を作ってくれたほうが
ありがたいです。

休みが増えても休日出勤になりそうと
心配している人が多いことがわかりました。

スポンサードリンク
政治の関連記事
  • 菊地直子が無罪の理由!国家賠償はどうなる?
  • 山尾志桜里・立憲民主党入りに世間の反応が冷たい
  • 乾浩人市議は女性問題でも辞職しない?世間は辞職を求めてる!
  • あわら市長はなぜ辞職しない?家族もいるのじゃない
  • 岩泉町長(伊達勝身)がわいせつとはキモい。辞職すべき
  • 2019年のGWは10連休になる可能性!国民の意見は賛否両論
おすすめの記事