山尾志桜里衆院議員が倉持麟太郎弁護士を
山尾事務所の政策顧問に起用することがわかりました。

山尾氏は倉持弁護士との不倫疑惑を報じられて、
民進党を離党した経緯があります。

それがなぜ、政策顧問として倉持弁護士を
迎え入れることができたのでしょう。

お互いの配偶者の反応はどうなのでしょうか。

スポンサードリンク

山尾志桜里が離党した経緯

2017年9月、山尾議員が倉持弁護士と週に4回密会し、
9月2日には都内のホテルに二人で宿泊したと週刊誌に報じられました。

山尾氏は「男女関係はない」と不倫を否定しましたが、
内定していた民進党の幹事長の起用はなくなり、
民進党も離党せざるを得なくなりました。

その後の衆院選で無所属で出馬し、
落選するだろうと思われましたが、当選。

有権者から再び支持を得たように見えました。

倉持弁護士との出会い

山尾氏は2006年、大学の同級生で、
元ライブドア役員の男性と結婚し、
2011年に男児を出産しました。

そのころ夫の仕事への不信感などで、
夫婦間の折り合いが悪くなり、離婚危機を報じられました。

その離婚の相談相手の弁護士が倉持氏だったわけです。

山尾氏は倉持氏との不倫疑惑で離婚危機になったのではなく、
その前からもう夫婦間は危なかったのですね。

山尾氏と倉持氏は離婚協議中

山尾氏は今でも離婚を協議中ですが、
不倫相手とされる倉持氏を政策顧問にしたことで、
夫の不信感はさらに強まるのではないでしょうか。

最初の不倫騒動が出た時、
いくら離婚危機にあったからと言って、
夫は面白くはなかったでしょう。

そして今回の政策顧問です。

まだ夫婦である夫の立場はどうでしょう。
6歳の子どもへの影響も心配です。

倉持弁護士も妻と離婚協議中です。
二人にはまだ小さな娘がいるようですが、
こちらも悪影響が考えられます。

山尾氏が倉持氏を政策顧問にした理由

山尾志桜里氏が言うには、

共謀罪法や天皇の皇位継承問題などで
これまで倉持氏とともに取り組んできた」とし

改憲を目指す安倍晋三政権に対抗する上で
憲法や安全保障問題で政策の方向性が一致する倉持氏との連携が
不可欠として決断した
そうです。

例え仕事上倉持氏が必要だとしても、
一度不倫疑惑を報じられた相手を
政策顧問にするのは、世間がどう思うでしょう。

ほかに適当な人はいなかったのでしょうか。

不倫の疑いは晴れたから、当選できた
と思ってのことでしょうか。

スポンサードリンク

ネット上の意見が厳しい

ネット上には厳しい意見が相次いでいます。

「山尾氏に投票した有権者の気持ちはどうなのか」

「お互いの配偶者は理解しているのか」

「国民にしっかりと説明してないから反感買われるのは仕方ない」

「政治なめすぎ」

などなど。
もっともな意見が多いです。

まとめ

山尾志桜里議員は離党することになった経緯を
もう一度思い出して、有権者から信頼されるような
行動を心がけたほうがいいと思います。

そうでないと、有権者から今度は見放されるでしょう。

スポンサードリンク
政治の関連記事
  • 吉田一郎市議の家族や経歴は?画像あり
  • 菊地直子が無罪の理由!国家賠償はどうなる?
  • 山尾志桜里・立憲民主党入りに世間の反応が冷たい
  • 乾浩人市議は女性問題でも辞職しない?世間は辞職を求めてる!
  • あわら市長はなぜ辞職しない?家族もいるのじゃない
  • 岩泉町長(伊達勝身)がわいせつとはキモい。辞職すべき
おすすめの記事