2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の出演を
辞退した斉藤由貴さんに代わって、
南野陽子さんが出演することに決まりました。

南野さんの大河出演は30年ぶり、2回目となり、
薩摩藩の女中頭・幾島を演じます。

南野さんの演技の評価はどうなのでしょう。
これまでの経歴もまとめました。

スポンサードリンク

南野陽子・アイドルから女優へ

南野陽子さんは1967年、兵庫県生まれの50歳。

17歳の時にドラマ「名門私立女子高校」で芸能界デビューし、
18歳で歌手デビューします。

同じ18歳の時「スケバン刑事Ⅱ」で2代目・麻宮サキを演じ
トップアイドルへ一気に駆け上がりました。

歌手としてもオリコン1位の曲を連発し、
成功します。

1位になった「吐息でネット」の動画がこちら

南野さん若くてかわいらしいですね。
「吐息でネット」というなんだかなあというタイトルは置いといて
この時代はかわいければ、歌が多少(?)下手でも
売れる時代でした。

1990年代に入ってからは女優としての仕事が中心になり、
歌手活動は休止します。

その後はドラマや映画、舞台と幅広く活躍しています。

南野陽子の女優としての評価

南野さんは1992年に映画「私を抱いて、そしてキスして」と
寒椿」での好演で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞

1995年には「三たびの海峡」で横浜映画祭助演女優賞を受賞しました。
女優としての実力が認められたのですね。

「私を抱いて~」はエイズがテーマの映画で
南野さんは役作りのため、50日ぐらいで7、8キロ落としたそうです。

女優にかける意気込みが伝わりますね。

2016年にはNHKのBSプレミアムの時代劇「伝七捕物帳」にも出演しています。

最近では2017年5月、沢田研二デビュー50周年記念特別公演の音楽劇「大悪名」に出演、
2017年10月に高畑淳子主演の舞台「土佐堀川」でも女中を好演しています。

「西郷どん」の制作側も女優として実績を重ねてきた南野さんの実力を
高く評価したのでしょう。

スポンサードリンク

西郷どん出演が決まった南野陽子への反応

斉藤由貴さんの代役として南野陽子さんが決まった時、
多くの人が同じ思いを持ったようです。

斉藤由貴さんは「スケバン刑事」の1代目麻宮サキ、
南野さんは2代目ですよね。

スケバン刑事」つながりだなと。

そして、もし南野さんが出演できなくなったとしたら、
次は3代目を演じた浅香唯さんに出演依頼が行くだろうと(笑)。

まとめ

若い頃はアイドルとして人気があった南野陽子さんも
もう50歳なんですね。

今や演技派女優として舞台やドラマに出演するなんて
時の流れを感じました。

「西郷どん」に浅香唯もちらっと出たらおもしろいのに。

スポンサードリンク
芸能の関連記事
  • 内田有紀の結婚と離婚、現在の彼氏まとめ
  • スコッティジェームズのイケメン画像まとめ!彼女についても調査
  • 林田理沙アナがかわいい!彼氏や身長は?
  • 濱田祐太郎は彼女いる?盲目の漫談ネタがおもしろい!
  • カニササレアヤコの会社はどこ?本名や芸名の由来も!
  • あさイチ新司会に華丸大吉!起用の理由に納得
おすすめの記事
私の家族旅行記
初めての四国旅行。明石海峡大橋を渡ってまずは徳島の鳴門の渦潮を見に行った。インターネットで事前に大潮の時を調べて行く日を決めた。 スポンサー...