神田沙也加さんと今年5月に結婚した村田充さんが
9月24日にブログで活動休止を発表しました。

突然の休業は病気療養のためと見られていましたが、
10月3日のブログで、耳の病気だったことを明かしました。

休業しなければならないほどの耳の病気とは
どのようなものなのでしょう。

そして、復帰にはどのくらいかかるのでしょうか。
ファンにとっては気になりますね。

スポンサードリンク

村田充、ブログで病気を告白

村田さんは自身のブログで次のように書いています。

「先々月 私は耳の病に襲われました 暑い日でした
眩暈と吐気 気管支の弱さも重なって その日はずっと休んでいました・・・

でも消えた音が今はまだ戻りません」

先々月といえば村田さんは舞台「囚人」出演のため、
稽古をしている最中でした。

医者からはすぐに入院をするべきと言われていましたが、
仕事を優先するため、スタッフや出演者にも病気のことは伝えずに
舞台を最後までやり遂げたのです。

村田さんはもともと呼吸器系が弱く
酒とタバコも数年前からやめていました

村田さんは青白い顔だなという印象は前から持っていたので、
呼吸器系が弱いというのはわかりそうな気がします。

しかしそれに加えて、耳の病気も発症したのですね。

スポンサードリンク

耳の病気とは一体?

耳の病気が何なのかまでは書かれていないので
はっきりしたしたことはわかりませんが、
「消えた音が今はまだ戻らない」とのことから
いくつかの病名が当てはまります。

聞こえが悪い病気には、
中耳炎、難聴、聴神経腫瘍、メニエール病があります。

耳の不具合は突然起きたようなので、
慢性の中耳炎などではなく、突発性難聴か、
聴神経腫瘍、メニエール病の可能性があります。

突発性難聴とは、ある日突然聞こえが悪くなるというもので、
めまいを伴うことがあります。

原因は不明とされていて、
発症からできるだけ早いうちに治療を開始することが大切です。

治療としてはステロイド療法、星状神経節ブロック、高圧酸素療法などで、
手術は必要ないようです。

聴神経腫瘍とは、聴神経の細胞にできる腫瘍で、
片側の聞こえが徐々に悪くなってきます。

小さな腫瘍では放射線治療が行われますが、
手術が一般的です。

メニエール病とは、繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。
30代から40代の男性に増えている病気です。
主に薬による治療が行われます。

村田さんは40歳なのでちょうど当てはまり、
可能性としてはこれが一番高いでしょうか。

入院が必要なことから、精密検査が必要なのでしょう。
場合によっては手術も必要になりそうです。

復帰にはどれくらいかかる?

村田充さんはブログの終わりにこう書いています。

「仕事は体調を見ながら自宅内で出来るものから始めようと思っております
というよりは再開するという具合です 無職になるつもりはありません」

噂では、神田沙也加さんのヒモになるのではないか
とも言われていたようですが、
本人にはそのつもりはサラサラなく、体調が良くなったら
すぐにでも仕事をしたいようです。

今はゆっくり治療に専念するのが大事でしょう。
薬で治療できるのなら、復帰にもそれほど時間はかからないでしょう。

スポンサードリンク
芸能の関連記事
  • 菜々緒と菅田将暉の行った高級焼鳥店の場所は?あの芸能人も通う!
  • 内田有紀の結婚と離婚、現在の彼氏まとめ
  • スコッティジェームズのイケメン画像まとめ!彼女についても調査
  • 林田理沙アナがかわいい!彼氏や身長は?
  • 濱田祐太郎は彼女いる?盲目の漫談ネタがおもしろい!
  • カニササレアヤコの会社はどこ?本名や芸名の由来も!
おすすめの記事