北朝鮮は過去に5回核実験を行っています。
そして、6回目の実験の準備も完了していると言われます。

大規模な爆発を伴う核実験は安全なのでしょうか。
日本への影響も心配になりますね。

そもそも核実験をする理由は何なのか、
安全性はどうなのでしょう。

スポンサードリンク

北朝鮮が核実験をする理由

まず核実験の意味をおさえておきましょう。

核実験とは、原子爆弾、水素爆弾などの核兵器の
性能や効果を確かめるために行う実験です。

原爆は長崎や広島に落とされたので、
馴染みのある言葉でしょう。

そのような核兵器がどのくらいの破壊力なのか、
思い通りに作れたのかを実験で確かめたいのです。

つまり、万が一戦争となった時に備えて、
また、アメリカなどの強力な軍事力に対抗して、
北朝鮮も負けない強い武器を開発しておきたいのですね。

例えるなら、仲の悪いライバルが最新のゲーム機を買ったら、
自分も負けじと同じものを買う感覚でしょうか(違うか)。

何も核実験を行ってきたのは北朝鮮ばかりではありません。

過去にアメリカや旧ソ連、中国などの核保有国も
何度も実験しているのです。

スポンサードリンク

核実験で日本への影響が心配

海で隔てられて北朝鮮とは離れているとは言え、
核実験で何らかの影響が日本にあるのではないかと
心配にもなりますね。

過去5回の北朝鮮の核実験は、2006年を最初に、
2016年まで行われました。

北朝鮮北東部にある豊渓里(プンゲリ)という町で、
5回とも実験があったのですが、
爆発は地下なので、地上には影響が出ていません

日本ではその時、避難するようにとか、
被害があったなどのニュースは聞きませんでした。

風に乗って放射能が運ばれてきたというのもなかったんです。

6回目の核実験も同じ場所で準備されているので、
日本への影響は心配する必要がないと言えます。

核実験は金正恩の意向ですぐにでもできる

豊渓里の核実験場の坑道で、核実験の準備が完了している事がわかっています。

坑道付近や司令センターなどの施設で
人や車両の動きが活発になるのは、核実験が行われる兆候です。
そういうことも衛星写真でわかるんですね。

だから、こっそりひそかに実験しようとしてもバレてしまうんです。

2017年の4月にも核実験が行われるのでと思われましたが、
世界最強の米軍による軍事的圧力と、中国の強い中止要請を受けて、
北朝鮮は実験を踏みとどまったと言われています。

しかし、金正恩はいつ核実験のボタンを押すかわかりません。
もし、6回目の実験を無理やり行えば、
米軍が先に北朝鮮を攻撃する可能性があります。

この際、北朝鮮の核兵器を破壊しようというわけですね。

北朝鮮との戦いに備えて、
日本もアメリカと合同で、軍事訓練を行っています。

また、アメリカのトランプ大統領は
北朝鮮と対話で解決するつもりはないと言っています。

話し合いで解決できないなら、
もう力で決着をつけるしかないのでしょうか。

まとめ

北朝鮮も人が住んでいるわけだから、
自国の人間や金正恩自身が被害を受ける実験はしないでしょう。

安全な地下で爆発させて、核の威力を確かめます。
6回目はいつになるかは金正恩にしかわかりません。

スポンサードリンク
政治の関連記事
  • 菊地直子が無罪の理由!国家賠償はどうなる?
  • 山尾志桜里・立憲民主党入りに世間の反応が冷たい
  • 乾浩人市議は女性問題でも辞職しない?世間は辞職を求めてる!
  • あわら市長はなぜ辞職しない?家族もいるのじゃない
  • 岩泉町長(伊達勝身)がわいせつとはキモい。辞職すべき
  • 2019年のGWは10連休になる可能性!国民の意見は賛否両論
おすすめの記事