2月の寒い時に温泉に行くのもいいなと考えて、平日の休みを利用して片山津温泉に一泊で出かけた。

スポンサードリンク
私の家からは2時間ほどなのでお昼過ぎに出れば十分なのだ。片山津温泉は加賀市の柴山潟の湖畔にある。

口コミを見てどの宿にするか見ていたら、矢田屋松濤園の夕食の評価がたしか4.9になっていた。5点満点で4.9だなんてあまりない。温泉宿は温泉も大事だけれど、それ以上に食事が楽しみで行くのだ。そんなに評価が高いのなら、さぞおいしいのかと期待してその宿に決めた。

宿に着いていつものようにまずは温泉に入りに行った。
露天は柴山潟に面している。工事車両が見えるのは仕方がないか。

ゆっくり温泉につかり、楽しみな夕食会場へ。案内してくれた女性が私に「奥さん」と言った。「娘です」とすかさず訂正する私。

母が亡くなって父と二人で旅行するようになってから、仲居さんに奥さんと呼ばれることが多い。おじじと夫婦に見られるのが嫌なので私はすぐに「娘です」と言うようにしている。そうでないとその後もずっと「奥さん」と言われるのを経験しているからだ。

夕食会場は個室で隣の人が見えないようになっていた。一品一品運ばれてくる料理はどれもおいしくうなりながら食べたほど。口コミ評価に偽りはなかった。ぶり大根も普通のぶり大根ではなく、大根の中にぶりが入っていて、おいしかった。こんな作り方もあるんだなと感心した。一つだけ私の口に合わないと思ったのは味噌汁だけだ。それ以外はみんなおいしかった。

食べている時、隣の夫婦らしき人たちの会話が筒抜けで聞こえてきた。私たち親子はほとんど会話はない。ある時、ふと隣の人たちがひそひそ声になった。自分たちの隣に人がいて声が聞こえることに気がついたのだろうか。

温泉宿では夕食前と朝食前の2回温泉に入る。家が近いと朝はゆっくり寝ていられるのがいい。

この宿にはマッサージ機がいろいろあり全部無料だった。有料のところもけっこうあるので無料だとありがたくて必ず利用する。

ここには椅子型のマッサージ機だけでなく、ベッドに寝転がってできるマッサージ機もあった。しかも背中を温めながらできるものだったのですごく気持ちよかった。

朝食もおいしくいただいた。味噌汁は夕食の時と味が変わっていておいしかった。この宿の食事は今までに食べた中で3本指に入る。本当に満足だった。

いつもだと8時ごろにはチェックアウトしてあわただしく出ていくが、家が近いので10時ごろまでゆっくりできた。

スポンサードリンク
私の家族旅行記の関連記事
  • 白馬むぎわらぼうしの口コミは?部屋や食事を紹介
  • 黒部ダム観光放水を見た感想。扇沢から大観峰まで行った
  • ビーナスラインのニッコウキスゲは最盛期!行ってきた感想
  • 川治温泉旅行・栃木編
  • 都をどり、竹の郷温泉・京都編
  • 河口湖温泉旅行・山梨編
おすすめの記事