ラストアイドルの候補者7人のうち、最年少の小澤愛実(あいみ)さん。

初めて見たという人も多いのではないでしょうか。

今までテレビなどに出たこともないようなので、
プロフィールや得意な絵について調べてみました。

スポンサードリンク

小澤愛実のプロフィール

2003年生まれの中学2年生 14歳 

神奈川県在住

身長:160センチ

得意なこと:絵を描くこと 体を動かすこと 縄跳び

幼稚園の年長から小学6年まで8年間体操を習っていたということで、
体の柔軟性がありそうですね。

ダンスを覚えたら、他者をよせつけない、
切れの良いダンスを披露してくれるのではないでしょうか。

また、体を動かすことに自信があるとのことなので、
アイドルとしてデビューしたなら、
誰よりも早く振りを覚えそうです。

アイドルは体力も必要でしょうから、
小澤さんはそういう意味ではアイドル向きかも。

今まで芸能界での経験はほとんどないようなので、
ラストアイドルが多くの人に顔を覚えてもらえるいい機会になるでしょう。

スポンサードリンク

小澤愛実の絵の実力

小澤愛実さんは得意な絵で、
神奈川県ビエンナーレ国際児童画展に入選したことがあります。

神奈川県ビエンナーレ国際児童画展とは、
「絵画を通じて明日の世界を担う児童の夢と創造力を育み、お互いの生活や多様な文化を理解するため、海外及び神奈川県内から児童画を公募し、展示する国際児童画展」(こどもアートミュージアムより引用)のことです。

海外からの応募作品と神奈川県内の応募作品を合わせると、
2017年度は24000点を超えています。

そのうち入選作は500点ちょっと。
48倍もの高い倍率です。

その中で入選するのだから、
絵の実力もかなりのものと推測できます。

入選作は「お祭りの夜」と題した絵で、
2013年の第17回に出展した時のものです。

小澤さんの入選作を見たい人はこちら
     
小澤愛実さんの名前がちょうど真ん中にありますね。

お祭りの楽しげな様子が伝わってきます。

この時8歳となっているので、
あれって思ってしまいました。

8歳なら今から6年前なので、
2011年でないと合わないですよね。

2013年で8歳?
絵を書いた当時が8歳で、応募したのが2年後の10歳の時ということでしょうか?

それはともかく、
小澤愛実さんは絵が上手なんだということです。

まとめ

最年少の小澤愛実さんは、ラストアイドルで
どこまで生き残れるでしょう。

最後まで頑張れるか見届けたいです。

スポンサードリンク
芸能の関連記事
  • 内田有紀の結婚と離婚、現在の彼氏まとめ
  • スコッティジェームズのイケメン画像まとめ!彼女についても調査
  • 林田理沙アナがかわいい!彼氏や身長は?
  • 濱田祐太郎は彼女いる?盲目の漫談ネタがおもしろい!
  • カニササレアヤコの会社はどこ?本名や芸名の由来も!
  • あさイチ新司会に華丸大吉!起用の理由に納得
おすすめの記事