今年で第29回となるなにわ淀川花火大会は8月5日(土)に行われます。今年はさらに玉数が増加して、今まで以上に楽しめるということです。ここでは花火会場の最寄り駅や混雑具合、注意点などをまとめています。

スポンサードリンク

淀川花火の最寄り駅と混雑状況

なにわ淀川花火大会は昨年約43万人の人出がありました。花火の大きさは最大10号玉(直径約30センチ)と、天神祭奉納花火の最大2.5号玉(約7センチ)と比べるとはるかに大きい花火が打ち上げられます。玉数は非公開ですが、天神祭よりはずっと多く、例年2万発ほどです。

打ち上げ場所は淀川の新十三大橋と阪神高速池田線の間です。会場は十三会場と梅田会場の2か所です。

出典 http://www.yodohanabi.com/

十三会場は有料の協賛観覧席がほとんどで、無料のところは東階段のわずかな部分だけです。たとえ無料のところに入れても、協賛観覧席と無料部分を区切る壁が高く、花火の一部が見えないことがあります。

十三側に行くには阪急十三駅かJR塚本駅が最寄り駅です。会場までは歩いて15分です。17時には十三駅も塚本駅も大混雑するので16時までに到着するようにしましょう。

協賛観覧席には当日券もあるので、早く行って手に入れると、正面で花火が見られます。18時を過ぎると十三側河川敷はもう座る場所はないと思っていいでしょう。

混雑が嫌なら、御堂筋線西中島南方駅か、阪急南方駅が最寄り駅となる、西中島南方側の河川敷がおすすめです。協賛席がない分、無料のところが広いです。17時ごろには駅に到着するようにしましょう。19時ごろまでなら場所取りも可能です。

梅田会場の最寄り駅は阪急中津駅ですが、ホームが狭いので混雑していると危険です。ですから阪急・地下鉄梅田駅か、JR大阪駅から歩いて行くことをおすすめします。会場まで歩いて25分です。梅田会場は協賛観覧席は少なめなので、十三側に比べると無料部分が多いです。

混雑を避けたければ、梅田側河川敷の西側は阪神高速が邪魔になって仕掛け花火が見にくいですが、それほど混まないのでおすすめです。こちらの最寄り駅は阪神野田駅、地下鉄千日前線野田阪神駅、JR東西線海老江駅となり、3駅が集まっているので行きも帰りもほとんど混雑しません。屋台もあります。

スポンサードリンク

花火会場に持っていきたいものと帰りの混雑を避けるために

場所取りは 花火当日の正午からできるようになっています。それまでにビニールシートなどが置いてあると撤去されるのでご注意ください。場所取りでビニールシートを広げるなら、必ず人がいるようにしましょう。風が吹いて飛んでいく可能性がありますし、その間にほかの人に取られてしまいます。

会場は日差しを遮るものがないので熱中症対策が必要です。日傘や日焼け止め、水分、体を冷やす保冷剤もあればなおいいですね。トイレはたくさんありますが、大変混雑し、1時間以上待つこともあります。

花火が終わると一斉に人が動き出すので、そのまま歩いて行くと大渋滞に巻き込まれます。後ろからもどんどん人が押し寄せてくるので、途中で抜けようにも抜けられず、暑い中じっと人込みの中で我慢しなければなりません。ですから、花火が終わったらすぐには動かず、人が途絶えるまで待って帰るほうが暑さや人混みのストレスから逃れられます。

また、淀川に架かる橋ならばかなり広範囲で花火が見えるので、会場まで行かなくても少し離れた橋から鑑賞するのもいいでしょうね。穴場として紹介されているところはすでに多くの人が知るところとなっているので、ネット上に出ている時点でもう穴場ではないでしょう。複数のサイトで穴場がいくつもかぶっています。本当の穴場は誰にも言いたくないでしょうし。

まとめ

大混雑を避けるためになるべく早く会場に到着したいものです。帰りは最寄りの駅から少し離れた駅まで歩いて行くのも混雑を避ける方法です。

スポンサードリンク
観光情報の関連記事
  • サンシャイン水族館の全面開館はいつで、魚の入手先はどこから?
  • 宇都宮聖花(三陸鉄道運転士)の乗務日や時間まとめ
  • 高岡駅周辺の安い駐車場9選。高岡市民が写真とともにご紹介
  • キョンが見られる動物園。食べたらどんな味?
  • 富山まつりのよさこいを見てきた感想
  • 高岡七夕まつり2017に行ってきた感想
おすすめの記事
観光情報
富山県南砺市にある大牧温泉は船以外では行けない秘境の宿です。大牧温泉に行くための遊覧船や大牧温泉の見どころをまとめています。 スポンサードリ...